logo

アルク、無料ebook「TOEIC(R)テストの極意」を提供開始

形式変更から3カ月半、今知りたいTOEIC(R)テストへの心構えとすべきこと

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:安嶋 明、以下アルク)より、無料ebook「TOEIC(R)テストの極意」の提供開始をご案内申し上げます。



[画像: リンク ]


身近なシーンからビジネスまで幅広い場面で、英語でコミュニケーションがどのくらいできるかを測る「TOEIC(R) Listening & Reading Test」(以下、TOEIC(R)テスト)。40年近くに渡って、幅広く英語学習の効果測定や、企業や学校での評価などに活用されています。アルクは開始当時より、TOEIC(R)テストの情報や、学習プログラムを数多くの受験者や関係者に提供してまいりました。

今年5月に10年ぶりの形式変更が行われたことにより、
これから受ける方からは、
「これまでの試験と比べどのように変わり、これから何に気を付けたらよいの」、という声が、
既に受けた方からは、
「難しくなった、どのように対策をしていったらよいの」、という声が挙がっています。

そこでアルクは、これから新形式試験を受けていく方が感じる不安や難しさを解消する一手として、新形式問題対策の極意をebookで無料提供しております。TOEIC(R)テスト講師のヒロ前田さんが取材で明かした形式変更の背景や特長、そして試験への向き合い方、心構えとすべきことがぐっとつまっています。

<ebook概要>
【タイトル】TOEIC(R)テスト新形式問題対策 「難しい」を「易しい」に変換する極意とは!?
【ご案内ページ】GOTCHA! 「その一手で局面を変える! TOEIC(R)テスト新形式問題をチェックメイト。」
リンク

<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク 広報担当 河合(かわい)
e-mail:ko-ho@alc.co.jp
TEL: 03-3556-2711

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。創刊から45年の『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。