logo

500円で最大500人に。メール配信サービス「500mails」リリース。

株式会社プレイス 2016年09月07日 14時00分
From PR TIMES

本日から正式利用がスタート!

株式会社プレイス(代表:松田 優香)は2016年9月7日から、500円で最大500人にメールを配信できるサービス「500mails」を正式にリリースする。メール配信システムの導入はコスト面の負担が増えるので利用を控えていた小規模企業や個人事業主、NPOなどにも、手軽に利用しやすい価格とサービスになっている。



[画像1: リンク ]




◆ 500mails(ゴヒャクメールズ)とは
500mailsは、小規模企業や個人事業主、NPOなどお客様が1000人未満の小さな会社が利用しやすい、ワンコイン(500円)で、必要なときに、手軽に利用できるメール配信サービス。サービスの特徴は、以下の3つ。

[画像2: リンク ]

1. メール配信にかかる費用は、「一回、500円」
一般的なメール配信システムは、初期費用と月額利用費(大体2,000円~30,000円)が掛かるため、メール配信システムの導入には、年間数万円の費用が掛かった。一方、500mailsは、初期費用や月額利用料は掛からず、利用するときだけ「一回500円」でメールを配信できる。

2. 「最大500メールアドレス」と小規模向けのサービス。
企業向けのメール配信システムは、数千人以上のメールアドレスにメールを配信できる。しかし、数百人単位でメールを配信したい小規模企業や個人事業主やNPOなどには、過剰な性能だった。そのため、500mailsは、500メールアドレス以下に配信したい人にとって使いやすいサービスになっている。

3. 利用するときだけ、メールを配信できる。
多くのメール配信システムは、月額利用費制をとっているため、メールマガジン(メルマガ)担当者は、コストに見合う効果を出すために配信回数を多くし、準備作業に追われている。しかし、500mailsは、固定月額利用費が掛からないので、費用対効果を出すためだけのメルマガ作成から解放され、読者に伝えたいことができたときだけ利用することができる。



◆ サービス開発の背景 : 「母の声で誕生したメール配信サービス」
英語教室を経営している開発者の母から、「メルマガを始めたい」という相談を受けたことがきっかけだった。メルマガについて調査をすると、初期費用のほかに月額数千円の費用が掛かるメール配信システムを購入する必要があることが判明した。毎月継続してメルマガを配信するのは難しいが、たまにメルマガを配信したいという要望を実現するために当サービスは誕生した。


◆ こんな人にオススメ!


お店の広報担当で、キャンペーン情報などをお客様に伝えたい人
非営利団体などの事務局の担当で、会のお知らせを会員に伝えたい人
教室の運営者で、教室のお知らせを生徒や保護者に伝えたい人
講師業をしており、イベント、セミナーのお知らせをお客様に伝えたい人
宿泊施設の運営者で、お客様に宿泊プランのご案内やキャンペーン情報をお伝えしたい人



◆ サービス概要
ジャンル:メール配信代行サービス
サービス名:500mails(ゴヒャクメールズ)
料金:500円(税込)
URL: リンク
サービス内容:
・サービス利用者がWebフォーム上でメール文面を作成し、メールアドレスを登録すれば、メールを代行で配信する。
・送信メールアドレスは、1回500メールアドレスまで。

◆ 今後の展望
サービス利用者の意見をもとに、質の高いサービスと利便性を目指すとともに、下記のようなサービス開発も目指します。
・メルマガのテンプレートを利用した、かんたんメルマガ作成機能
・Microsoft Word(*1)文書によるメール文面の登録機能
*1: Microsoft Wordは、マイクロソフト社の製品です。


◆ 利用画面

[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]



【会社概要】
社名:株式会社 プレイス
本社:〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-9-14 マグノリア上野毛202号
代表者:代表取締役 松田 優香
設立:2013年11月
事業内容:インターネットビジネスの企画・開発・運営
自宅教室向け裏方支援システム「システマティーク」
リンク)の提供

■参考情報(当プレスリリースのPDF)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。