logo

人型ロボット「Pepper」が自動車の査定を行う「DataLineロボ査定」アプリの提供を開始

株式会社プロトコーポレーション(本社:名古屋市中区 代表取締役社長:神谷 健司)はソフトバンクロボティクス株式会社が提供する人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した「DataLineロボ査定(データラインロボサテイ)」アプリの提供を2016年9月7日より開始いたします。



「DataLineロボ査定」アプリは株式会社プロトコーポレーションが保有する中古車の小売成約情報、流通相場情報や買取相場情報等クルマ・ポータルサイト「グーネット」の運営等を通じ構築してきた膨大なデータベースを「Pepper」と連携させることで実現したロボット査定アプリです。ユーザーが「Pepper」のディスプレイを使用し愛車の情報を入力すると、愛車の査定結果の下取り参考価格が「Pepper」の音声や動作、ディスプレイを通じて提供されます。これにより新車ディーラー及び中古車販売店は店頭で「Pepper」を通じたユーザーとの新しいコミュニケーションの創出が可能となり、店舗集客と自動車の買替促進の新たな提案が可能となります。

また、同時に「Pepper」向けアプリ「DataLineハイ!ロー!グー!」アプリ、「DataLineロボとも」アプリも提供を開始いたします。

「DataLineロボ査定」アプリの提供に伴い、株式会社プロトコーポレーションはソフトバンク株式会社と協業し、新車ディーラー及び中古車販売店に「Pepper」の販売を開始いたします。株式会社プロトコーポレーションが保有する自動車関連業界のネットワークを活用して「Pepper」及び「DataLineロボ査定」アプリの販売数拡大を目指してまいります。

今後も株式会社プロトコーポレーションは「Pepper」をはじめとする最先端のロボット技術、AI技術への研究を強化し自動車の商談等で利用できるサービスを提供することで、自動車業界の発展に貢献できると考えております。

◆「DataLineロボ査定」アプリの主な特長
サイトURL: リンク
ソフトバンクロボティクス株式会社が開発・提供する人型ロボット「Pepper」と株式会社プロトコーポレーションが提供・運営する自動車の査定システム「DataLine」のデータベースを連携させたアプリです。「Pepper」がユーザーの愛車を査定します。ユーザーが「Pepper」のディスプレイにタッチ若しくは音声で車種名、年式等の基本情報を入力することで、愛車の下取り参考価格がわかります。

◆「DataLineハイ!ロー!グー!」アプリの主な特長
「グーネット」に掲載している中古車販売店においてユーザーが待ち時間等に活用できるクイズ型接客アプリです。ランダムに選択された店舗在庫車の販売価格を高いか、安いか、ピッタリかを回答して遊ぶことができます。

◆「DataLineロボとも」アプリの主な特長
新車ディーラー及び中古車販売店に導入されている「Pepper」にコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」で提供される友だち追加の二次元コードを見せるだけで「LINE」の友だち登録が簡単にできます。ユーザーは「LINE」を通じて新車ディーラー及び中古車販売店のクーポンやセール、イベント情報の取得が可能になります。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


◆プロトコーポレーション会社概要
社名  : 株式会社プロトコーポレーション
代表者 : 代表取締役社長 神谷 健司
本社  : 愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル
創業  : 1977年10月
設立  : 1979年6月
事業内容: 新車・中古車、パーツ・用品等をはじめとした自動車関連情報ならびに生活関連情報サービスの提供
URL  : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。