logo

フルスピードのSSP「PolymorphicAds」とDSP「AdMatrixDSP」が接続、RTB取引を開始

~自社アドテク事業の垂直レイヤー展開が完成~

株式会社フルスピード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:友松功一、以下「当社」)は、
当社の運営するSSP「PolymorphicAds(ポリモフィックアドス)」と、同じく当社の運営するDSP「AdMatrixDSP(アドマトリックスディー・エス・ピー)」が接続完了し、このたびRTB取引を開始いたしましたことをお知らせいたします。



[画像: リンク ]

今回の接続連携により、「PolymorphicAds」を利用する各媒体に「AdMatrixDSP」から配信されるRTB広告の提供が可能になります。それによりインプレッション課金(CPM)型広告での高単価取引や広告配信量の増加を実現し、メディアの収益向上が期待できます。

また、「AdMatrixDSP」をご利用されることで独自のターゲティング技術を利用し、より多くのより細かな施策に応じた広告配信が可能となります。

当連携により、当社独自開発アドテクノロジーによる垂直レイヤー展開が完成、当社中期経営計画にありました広告代理店事業との一気通貫展開が実現したこととなります。

これからも当社は自社サービス連携により蓄積したデータ・ノウハウを生かし、高精度なマーケティング活動支援を実現してまいります。


■PolymorphicAds(ポリモフィックアドス)とは
広告がユーザー体験を損なう事なく効果を最大限に発揮できるスマートフォンに特化したアドネットワークです。オリジナルフォーマット(拡大可能型)、動画リワード等、合計3種類の動画フォーマットがあり、マネタイズに併せて自由に選択が出来る事がメリットである。

■AdMatrixDSP(アドマトリックスディー・エス・ピー)とは
国内唯一の機能を搭載した独自ターゲティング型DSP配信システムです。様々なネイティブアドのフォーマットに対応で、国内最大規模の広告保有数を誇ります。また広告の間接効果を配信できる第三者配信システムと連携し、最適化させた広告配信が可能である。


■用語解説
・DSP(Demand-side-platform)デマンドサイドプラットフォーム
広告出稿を行う広告主側が使用する配信プラットフォーム。
ターゲティング機能などを利用した配信ロジックに従って、最適な広告を最適なユーザーへ配信することで広告効果の最大化を図ることができる。

・SSP(Supply-side-platform)サプライサイドプラットフォーム
媒体(メディア)側が使用し、広告媒体を束ねる配信プラットフォーム。
複数の広告案件を一元管理し、配信を最適化することで集積の最大化が期待できる。

・RTB(Real-time-bidding)リアルタイムビディング
オンライン広告の入札のしくみ。広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定する配信技術。広告主はより最適な価格での広告配信が可能になり、広告効果の向上を図ることが出来る。また媒体(メディア)はより高い価格で入札を行った広告主に向けた広告配信が可能になるため、収益向上が期待できる。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事