logo

ミリタリー・戦史マガジン「歴史群像」の電子版が9月6日に配信スタート!

株式会社 学研ホールディングス 2016年09月06日 18時00分
From PR TIMES



株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)と株式会社 ブックビヨンド(東京・品川/代表取締役社長:織田信雄)は9月6日発売の10月号より、ミリタリー・戦史マガジン「歴史群像」の電子版を配信開始いたします。

[画像: リンク ]


同誌は1992年に創刊、今年で24年目を迎えた歴史雑誌。1.日本の戦国時代や幕末、ローマ帝国やナポレオン戦争などの西洋戦史、日清・日露戦争、第一次大戦から第二次大戦(太平洋戦争、ヨーロッパ戦線)、そして、朝鮮戦争・ベトナム戦争から現在の中東紛争までの、古今東西の戦いと、2.城や要塞、日本刀、甲冑から艦艇、軍用機までの各種武器・兵器。この2つを軸にして多角的視点から歴史の実相に切り込む「ミリタリー・戦史マガジン」です。

毎号、専門家・研究者による多彩な切り口の記事約20本を掲載。視点の新しさと考察の鋭さに定評があります。特に特集記事は400字詰原稿用紙45~50枚と読み応えがあります。また、日本の城や戦いのイラスト再現、戦艦や兵器のモノクロ写真のカラー着彩写真記事など、オリジナリティあふれるビジュアルも満載。オンリーワンの戦史雑誌として、多くのファンを獲得しています。

9月6日発売の10月号より待望の電子版がスタートし、Kindleストア、楽天Koboほか、各電子書店にて配信されます。これにより、学研プラスの電子雑誌は全14誌になります。

■「歴史群像」電子版について
●配信日:隔月(奇数月)6日
●小売希望価格:833円(税抜)
●電子版配信書店:Kindleストア(Amazon)、楽天Kobo、マガストア、富士山マガジンサービス、BookLive!、honto、学研BookBeyond ほか

※ストアの都合により、各ストアでの配信開始が遅れる場合があります。
※価格は予告なく変更される場合があります。
※電子版には一部収録されないコンテンツがあります。

■「歴史群像」電子版 10月号 主な掲載内容


【図解】日本海軍の軍装 ~軍装から見る“昭和の海軍”の軌跡~
【カラー連載】縦横無尽!世界戦史 ギリシア重装歩兵Vol.2「重装歩兵」とは誰であったのか?
【カラー連載】名鑑HISTORIA ポチョムキン
【カラー連載】日の丸の翼SERIES No.54 陸軍 試作遠距離偵察爆撃機 キ七十四
【カラー連載】再現!軍隊グルメ 戦士の食卓 Table[34]「ボルシチ」
【特集1】栗田提督の“決断” レイテ沖海戦“謎の反転”の裏側
【特集2】講和交渉決裂! 日本軍再侵攻 慶長の役 全羅道平定作戦
【コラム】NAVYよもやま豆知識 「負けじ魂、これぞ船乗り」●その38/使い方が重要
【分析記事】戦時経済と軍事輸送を支えた鉄路の死闘 WWIIドイツ国鉄の戦い
【分析記事】知られざる史料から復元する決戦の実像 試論 第四次川中島合戦
【コラム】「大坂の陣」マイナー武将 第六回「北十左衛門」
【コラム】戦場のミステリー 第62回「不幸が続く城」
【カラー企画】CG彩色でよみがえる必殺の攻撃技 急降下爆撃の黄金期
【分析記事】列強に翻弄された中欧の「小さな強国」 チェコスロヴァキアの第二次大戦
【連載】ナポレオン戦争 Part19 ナポレオン、スペイン
【記事】戦標船捕鯨船団、南氷洋を征く!
【コラム】歴群フォーラム
【連載マンガ】「戦場伝説/翼をもつ魔女」第29話 観測気球攻撃・2
【特集】写真で読み解く 日本海軍の潜水空母 ~未公開写真が満載!


《電子版ご購入はこちら》
◆「歴史群像10月号」電子版をKindleストアで購入する
リンク
◆「歴史群像10月号」電子版を楽天Kobo電子書籍ストアで購入する
リンク
◆「歴史群像10月号」電子版を学研BookBeyondで購入する
リンク

【学研プラスのニュースはコチラ→リンク
●技術系サッカー雑誌のパイオニア『ストライカーDX』が、iOS対応の電子雑誌定期購読サービス「Newsstand」にて配信開始!
リンク

●美麗グラビアをスマホでも! 人気男性声優・女性声優が多数登場する月刊誌「声優アニメディア」の電子版がスタート!
リンク

●“スマホ最適化”電子雑誌 第1号は、特価100円&360ページ超のお買い得仕様!最新カメラ情報&撮影テクニック満載の「デジキャパ! 2月号」が1月20日(水)発売!
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。