logo

4Kを超える高い光学性能(※1)と優れた運用性を両立 キヤノン初の4Kスタジオズームレンズ“UHD-DIGISUPER 27”を発売

キヤノンは、2/3型センサーを搭載した4K放送用カメラに対応する光学性能を持ったスタジオズームレンズ(以下、4Kスタジオズームレンズ)として、“UHD-DIGISUPER 27”を2017年3月下旬より発売します。



新製品は、画面中心部から周辺部の隅々まで全ズーム域で4Kを超える高い光学性能を持ちながら、従来のHDTV対応スタジオズームレンズと同等(※2)に大きさ・質量を抑えたズームレンズです。ニュースやバラエティといったスタジオ番組での撮影に適した焦点距離6.5~180mmの27倍ズームを持ち、4Kの映像制作に貢献します。キヤノンは、4Kスタジオズームレンズを新たに投入することで、4K放送用レンズのラインアップ(※3)を拡充し、幅広いユーザーの要望に応えていきます。
[画像: リンク ]

■ 画面の隅々まで全ズーム域で4Kを超える解像力を持つ高い光学性能
新製品は、レンズの最適配置を行うとともに、高度な部品精度や組み立て精度を追求することで、収差を従来のHDTV対応スタジオズームレンズに対して半分以下に抑え、4Kを超える解像力を持った27倍のスタジオズームレンズです。色再現性の優れた高い描写力を発揮し、臨場感あふれる映像制作に貢献します。さらに、焦点距離を2倍に引き上げるエクステンダーをレンズ本体に内蔵し、望遠端360mmまでの撮影領域でも、4Kを超える描写性を持った高精細な映像撮影を可能にします。

■ HDTV対応スタジオズームレンズ同等の大きさ・質量をはじめとする優れた運用性
新製品は、大きさ・質量を従来のHDTV対応スタジオズームレンズと同等に抑えるとともに、カメラへの設置がしやすく持ちやすい新デザインを採用することで、運用性を高めています。また、電動によるズームやフォーカス操作では、HDTV対応ズームレンズのコントローラーが使用できるため、ユーザーが使い慣れた撮影システムのまま4K制作に移行することができます。


[表: リンク ]



※1 色ずれや色にじみをはじめとする諸収差を低減してフレアやゴーストなどの現象を抑制することで、4K(3,840×2,160画素)センサーに十分に対応する、高い解像力と高いコントラストを持つ鮮鋭感のある映像を撮影できる性能。
※2 新製品は、大きさは約 250.6(幅)× 255.5(高さ)× 550(長さ)mm、質量は約21.5kg。従来のHDTV対応のスタジオズームレンズである「DIGISUPER 27」は、大きさは約250.6(幅)× 255.5(高さ)×550(長さ)mm、質量は約21.9kg。
※3 2016年9月6日時点で、2/3型センサーを搭載した4K放送用カメラに対応するレンズは、「UHD-DIGISUPER 86」、「UHD-DIGISUPER 90」、「CJ20e×7.8B」「CJ12e×4.3B」の4種類。
※4 ズーム、フォーカスを電動で操作するフルサーボ ISS タイプの価格(コントローラーを除く)。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。