logo

メール無害化機能強化! 「添付ファイル画像変換転送機能」を追加

~ネットワーク分離対策 メールサーバシステム「CyberMail」~

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、ネットワーク分離対策に有効な統合型メールサーバシステム「CyberMail(サイバーメール」)に、メール無害化機能強化として、新たに「添付ファイル画像変換転送機能」を追加し、2016年12月より提供することを発表します。



年金情報漏洩問題や平成28年1月開始のマイナンバー制度施行を背景に、高度化し、攻撃の対象を広げる標的型攻撃は、今や国や重要インフラを担う企業だけでなく、あらゆる組織が経営リスクとして対策していくことが求められています。

国内唯一のメール専門ソリューションカンパニーであるサイバーソリューションズでは、メールセキュリティ・メール無害化対策ソリューション「CyberMail」に、既に実装されている「受信メール全件自動無害化転送機能」・「添付ファイルテキスト化&本文末挿入機能」などの機能に加え、お客様から多くのリクエストをいただいていた『添付ファイル画像変換転送機能』を新たに機能追加いたします。これにより自治体職員の皆さまのメール関連業務における負荷軽減への貢献を目指します。

【 新機能:添付ファイル画像変換転送機能概要 】※提供時期:2016年12月予定


添付されたファイルは、イメージ化して再添付し転送。
複数イメージを圧縮か集約型を選択し転送。

この機能により、元メールの添付ファイルを確認することなく、元文書の確認、および印刷が可能となります。

[画像1: リンク ]

■メール無害化転送機能:リンク

【その他:実装済CyberMail添付ファイルの無害化機能概要】
●添付ファイル削除転送
添付付きメールの添付ファイルを自動的に削除し転送。

●添付ファイルテキスト化&本文末挿入
添付ファイルを開くこと無く内容の確認ができ、利用端末のウイルス感染などのリスクを未然に防ぐことが可能。(※特許出願中)

サイバーソリューションズは、メールソリューションの専門ベンダーとして、クラウド型メールを含め、トータルな企業向けメールソリューションを提供しており、日本企業の独自のニーズに柔軟に対応して、いつでも安心して利用できるメールシステムを提供しています。
-------------------------------------------------
<サイバーソリューションズについて>
[画像2: リンク ]

サイバーソリューションズ株式会社は電子メールサーバをはじめ電子メールセキュリティ関連の製品を中心に、企業向けソフトウェアの開発、販売、提供をしています。
電子メールソリューションの分野におきましては、国内で約15,000社以上の企業で利用されている高性能WEBメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」、内部統制・コンプライアンス対策として国内メーカー実績NO.1(※)のメール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」、未知のスパムも情報漏洩の脅威からも高い投資対効果でシャットアウトできるアンチスパムシステム「MailGates」を開発、販売しております。平成21年より自社の電子メールシステムの技術をクラウド型の「CYBERMAIL∑」として提供するサービス事業も開始しました。

日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を有することにより、安全で快適な電子メール環境のトータルソリューションの提供を行っています。(※)富士キメラ総研※「2015ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」より

・会社名: サイバーソリューションズ株式会社
・設立日: 2000年1月
・代表者: 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)
・事業内容:ソフトウェアの企画/開発/販売、クラウド/ASP事業、WEBソリューションのコンサルティング及び開発
・HP : リンク
・所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8 階
・連絡先: Tel:03-6809-5858/ Fax:03-6809-5860

◇製品やサービス関するお問合わせ
サイバーソリューションズ(株) 営業本部 公共ビジネス担当
TEL:03-6809-5850 (sales_gv@cybersolutions.co.jp)

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事