logo

富士通株式会社と共創スペース×テクノロジーをテーマに、『クリエイティブスペースハッカソン』を開催

株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区 代表取締役CEO:榊原健太郎)は、富士通株式会社(代表取締役社長:田中 達也)と連携し、クリエイティブスペース×テクノロジーをテーマに「クリエイティブスペースハッカソン」を10月1日,8日に開催いたします。



[画像: リンク ]


■ クリエイティブスペースハッカソン開催の背景
自宅やオフィス/スクールに変わる第三の場所としてサード・プレイスの重要性が認識されつつある中、特に創 造的な活動や交流を目的としたクリエイティブ・スペースが注目されています。

富士通株式会社も六本木にHAB-YU platformをオープンさせ、企業や地域と共にワークスタイルとライフスタイルの未来を描く活動に取り組んでいます。この取り組みの一環として、共創活動のさらなる加速を目的に、クリエイティブ・スペースハッカソンを開催いたします。

■ 本ハッカソンが目指すゴール
本ハッカソンでは、HAB-YU platformを会場として使用し、日々おこなわれている共創活動の中からテーマを見つけ、その活動を様々な技術とアイデアでハックします。また、本ハッカソンで生み出された共感性の高いアイデアについては、HAB-YU platformでの実証実験も視野に入れた継続的な連携を目指します。

■ 開催概要

[表: リンク ]



■ ハッカソンとは
ハッカソンは、ハックとマラソンを組み合わせた造語です。エンジニアが集まり一緒になって、プログラミングを書き、数日間でサービス開発をするイベントのことを云います。

◆ 富士通株式会社 概要
HAB-YUとは、共創による新たな価値づくりやさまざまな課題発見・解決に富士通株式帰社、及び富士通デザイン株式会社が取り組むデザイン活動で、人「Human」・地域「Area」・企業「Business」(=HAB)を多種多様な方法で「結う」(=YU)ことを意味しています。新たなビジネス創出やICTによる新しい社会の実現に向け、広く社会の声を取り込み、共感を起点としたコトづくり・モノづくりを実現します。デザイナーと共にビジョンを策定し、専門知識をもった多様なパートナーと具体化までを一貫して行います。HAB-YUというデザイン活動を通じて利用者・お客様といった立場を超えてつながり、社会が求めている価値観や本質的なニーズを取り込んだ製品やサービスの開発につなげます。これまでになかったコトやモノにより新たなライフスタイルが確立し、豊かで持続可能な社会づくりに貢献します。

◆ 株式会社サムライインキュベート 概要
サムライインキュヘ゛ートは、起業支援のためのコワーキンク゛スヘ゜ース「サムライスタートアッフ゜アイランド」(天王洲)の開設や、2014年6月にサムライハウス(イスラエル)の開設、起業家支援イヘ゛ント「サムライヘ゛ンチャーサミット」の開催(国内・北米に加えて、ASEAN 各国やイスラエルなと゛て゛開催)、投資ファント゛の運用なと゛、日本を代表するインキュヘ゛ーターとして、『て゛きるて゛きないて゛なく、やるかやらないかて゛世界を変える』のミッションを掲け゛て、積極的な活動を展開しております。

【代表者】代表取締役CEO 榊原 健太郎
【設 立】2008年3月14日
【所在地(東京本社)】東京都品川区東品川2-2-28 サムライスタートアップアイランド
【所在地(イスラエル支社)】2F, Nahalat Biyamin St 52, Tel Aviv, Israel
【URL】リンク
【事業内容】 シード・アーリーベンチャーへの経営・マーケティング・営業・人事・財務・CI戦略支援

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

【本プレスリリースに関する問合せ】
株式会社サムライインキュベート 担当:阿部 愛
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。