logo

Salesforce、Dynamics CRM、SharePoint などのデータのレプリケーションツール「CData Data Sync シリーズ」をリリース

CData 2016年09月06日 10時00分
From PR TIMES

9月6日、CData Software Japan 合同会社(宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、SaaS データのレプリケーション(複製)を作成するサーバーアプリケーション製品であるCData Data Sync シリーズをリリースしました。



<CData Data Sync 製品概要>
CData Data Sync シリーズは、Salesforce、Dynamics CRM、SharePoint などのクラウド上の業務アプリケーションデータのレプリケーション(複製)をローカル DB およびクラウド DB に簡単に作成するサーバー製品です。
[画像1: リンク ]


<利用シーン>
次のようなシーンでCData Data Sync を利用できます。

オンプレミスのRDB にレプリケーションを作成して、定期的な帳票作成を実行。
通信でのパフォーマンス低下を気にせずにBI ツールやアナリティクスツールでデータ分析を実施。複雑なデータ加工を行ったりシナリオ分析を行ってもクラウドアプリケーションの本物のデータを誤って改ざんしたりするおそれがありません。
データ処理をレプリケーションDB に対して行うことによりデータ通信量の低減とパフォーマンスの向上を実現。
ディザスタリカバリ目的でのデータアーカイブ。


<機能>
CData Data Sync は、エンタープライズ利用のための充実した機能を備えています。

幅広いデータソース対応 (今後もラインアップ拡充予定)。第一弾のリリースでデータソースとして対応するサービスは、Salesforce、Microsoft Dynamics CRM、SharePoint、NetSuite(英語版)、SugarCRM(英語版)、Zoho CRM(英語版)、Oracle Eloqua(英語版)、HubSpot(英語版)です。これらのサービスのレプリケーションデータベースをローカルおよびクラウドDB に作成できます。
豊富なレプリケーション先データベース。エンタープライズエンジニアの扱い慣れたOracle、MySQL、SQL Server、DB2、PostgreSQL、Amazon Redshift、Access、Cloud SQL、SQLite、SQL Azure をレプリケーション先に設定することが可能です。
[画像2: リンク ]



Windows 版とCross-Platform Unix/Linux/Mac 版の2種類を準備。

インクリメンタル(差分)アップデートでデータ通信量を低減。
Point-and-click で簡単に設定、管理が可能。


<CData Data Sync の使い方 (Salesforce Data Sync)>

製品をダウンロードして、インストーラーに従いインストールを行います。リンク
インストールされた製品を開き、[接続]タブからデータソースとなるサービスへの認証情報を入力し、接続を確立します。
[画像3: リンク ]


次に[データベース]タブから、レプリケーションしたデータを保管するデータベースを指定し、接続情報を設定します。この例ではMySQL を設定します。
[画像4: リンク ]


[スケジューラー]タブや[通知]タブで、レプリケーションサイクルや通知の設定を行います。
[画像5: リンク ]


[テーブルを追加]ボタンをクリックして、レプリケーションするテーブルを指定して変更を保存します。
[画像6: リンク ]


[実行]ボタンをクリックして、クラウドサービスのレプリケーションデータベースを作成します。
設定したMySQL にSalesforce データがレプリケーションされました。
[画像7: リンク ]




<価格>
ライセンスは1年のサブスクリプションライセンスと永久ライセンスがあり、サブスクリプションでは、期間中に無償でアップデートが受けられます。製品ごとの価格は次のとおり(税抜、4コアまでのサーバーライセンス、1百万レコード/テーブル)。
[表: リンク ]


全製品、30日間の無償トライアルを提供しています。
(URL) リンク

CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、WebAPI へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。

[画像8: リンク ]


<データソース例>
[画像9: リンク ]


CData Software Japan は、今後もローカライズ製品ラインアップの拡充、データ接続関連の新製品の開発、日本向けドライバー製品の開発などにより、日本の皆さまのデータ接続に貢献して参ります。

【本件に関するお問い合わせ先】
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 兵藤
TEL:050-5578-7390 | E-mail:press@cdata.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事