logo

IDCフロンティア、オールフラッシュ採用の新プライベートクラウドを提供

~サーバー非所有型で容易に拡張可能、I/O性能はHDD構成の約5倍~

株式会社IDCフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石田 誠司、以下IDCF)は、同社のプライベートクラウドサービスを、オールフラッシュを採用したホステッドプライベートクラウド「IDCFプライベートクラウド」として刷新し、本日より受注開始します。

IDCFプライベートクラウドは、ユーザーがサーバー機器を所有しない、ホステッド(利用型の)プライベートクラウドサービスです。ストレージ仮想化技術(SDS:Software-Defined Storage)を用い、国内のホステッドプライベートクラウドとしては初めて、ソリッドステートドライブ(SSD)を搭載した複数台のx86汎用サーバーと、VMware Virtual SANを採用しました。これにより、専用のストレージ機器が不要となり、利用台数が増加した場合のホスト拡張も容易です。I/O性能も従来のハードディスク併用型ストレージ機器で構成した場合と比べ、約5倍の向上を見込んでいます。

今回の刷新にともないデータセンター内では、IPファブリックネットワークを用いた新しいネットワーク構成を採用しました。これによりユーザーは、必要なリソースに応じてハウジングやパブリッククラウドサービスとも広帯域でシームレスに接続できる、ハイブリッド利用が可能になります。

企業における社内システムのクラウド化が進むなか、セキュリティの確保や専有のITリソースを必要とするプライベートクラウドのニーズが高まっています。また、サーバー機器を資産として自社保有せず、運用も事業者側に任せることのできる利用型(ホステッド)のプライベートクラウドは、初期投資や維持コスト、運用工数の削減などから、オンプレミス型のプライベートクラウドよりも利用が拡大しています。

IDCFプライベートクラウドは、機器購入の手間やシステム設計ノウハウを必要としない最小構成からのプライベートクラウドの利用がスタートでき、オンプレミスからのスムーズな移行も可能です。また、初期導入コストの抑制や、既存のオンプレミス型のプライベートクラウドを最新のサーバー機器で構成した場合と比較してパフォーマンスが高く、高い拡張性により利用可能なITリソースの枯渇や性能の頭打ちといった課題を解消します。ユーザーはこうしたメリットに加え、IDCFへの運用委託によるコア業務への集中、堅牢なデータセンターによるセキュリティの確保と事業継続性の担保が可能です。

「IDCFプライベートクラウド」の特長は次の通りです。
・I/O性能はHDD構成比の約5倍、オールフラッシュとストレージ仮想化(SDS)を採用
・基本ホスト6台構成で仮想マシン約110台(*1)、ホストは1台単位で最大64台まで無停止で増設可
・利用実績の高いVMware vSphereの自由度とオンプレミスからvMotionでシステム移行が可能
・利用は月額98万から、サーバーを資産として所有しない利用型で事業者での運用
・データの消失リスクを低減するRAID6相当の機器構成で物理ホスト2台の同時障害も許容

IDCFは、データセンター事業を基盤としたクラウド事業の拡大を推進しており、企業がITインフラの設計や移行時にクラウドを優先して検討する「クラウドファースト」の流れに応えてまいりました。また、クラウドでデータを処理するだけでなく、「データ集積地」(データも集積するセンター)構想の展開と、データを中心にインフラを設計しシームレスなデータ利用やそれらを支えるデータセンターやネットワークもリデザインする「Data Centric Cloud」も推し進めています。

IDCFは引き続きクラウドサービスを拡充・強化し、自社で保有するデータセンターおよび高速大容量ネットワークを拡張し、お客様のITインフラ利用に革新をもたらすサービスの提供に取り組んでまいります。

***

■「IDCFプライベートクラウド」の料金および仕様
-----------------------------------
初期費用          0円
-----------------------------------
月額料金          980,000円より
-----------------------------------
サーバー想定利用台数(*1)  約110台
-----------------------------------
ホスト(物理サーバー)   x86サーバー6台
-----------------------------------
CPU             14コア×6
-----------------------------------
メモリ           256GB×6
-----------------------------------
ストレージ         SSD(割当容量 約9TB相当)
-----------------------------------
管理画面          VMware vSphere Webクライアント
-----------------------------------

以上

*1 割り当てる仮想マシン1台を2CPU(2.4GHz相当)、メモリ8GBとした場合の総台数

<企業情報>
【IDCフロンティアについて】(リンク
社名:株式会社IDCフロンティア(IDC Frontier Inc.)
代表者:代表取締役社長 石田 誠司
事業内容:クラウドコンピューティング事業、データセンター事業
株式会社IDCフロンティアは、Yahoo! JAPANグループのクラウドコンピューティングとデータセンター事業を担う戦略的子会社として、クラウド、ビッグデータ分析、ネットワークセキュリティ、ハウジングなどのITインフラを提供しています。国内最大規模を誇る広帯域のバックボーンネットワークと圧倒的な拡張性を持つ最新鋭のデータセンターを首都圏・東日本・西日本で展開しており、サーバーセンターからデータを集積するセンターへの変革を推し進め、お客さまの課題を解決するとともにデータが生み出す新しい価値を提供しています。

<サービスに関する問い合わせ先>
■IDCフロンティア カスタマーデスク
電話:0120-26-2725(平日9:00~17:00)
メールアドレス:service@idcf.jp

<リリースに関する報道機関からの問い合わせ先>
■IDCフロンティア ビジネス開発本部
電話:03-4354-0155
メールアドレス:pr@idcf.jp
コーポレートブログ For Your IDCF:リンク
Twitter公式アカウント:idcfrontier
Facebookページ:リンク

このプレスリリースの付帯情報

IDCFプライベートクラウドの概要

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
https://www.idcf.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。