logo

ファーウェイ:通信事業者のクラウド変革を加速し、垂直産業のデジタル化を可能にする

ファーウェイ 2016年09月02日 16時44分
From 共同通信PRワイヤー

ファーウェイ:通信事業者のクラウド変革を加速し、垂直産業のデジタル化を可能にする

AsiaNet 65562(1072)

【上海2016年9月1日PRNewswire=共同通信JBN】
クラウドの時代、新しい世界

Huawei Connect 2016の一環として開催されたCarrier Cloud Transformation Summit (通信事業者クラウド変革サミット)で、ファーウェイ(Huawei、華為技術)と世界をリードする通信事業者、業界団体およびパートナーはデジタル変革の成功を共有し「通信事業者のクラウド変革を加速し、垂直産業のデジタル化を可能にする(Accelerating carriers’ cloud transformation and enabling the digitization of vertical industries)」というテーマについて議論した。

Photo - リンク

ファーウェイのキャリア事業担当プレジデントであるズー・ジレイ氏は、IT業界はネットワーク中心の変革という1つの波を経験したと語った。第2の波は横並びのアプリケーション中心の変革であり、現在は、今後20-30年間は続く第3の波に取り掛かっている。この第3の波においては、業界の発展は垂直産業のエコシステムに重点が置かれる。インターネットとクラウドコンピューティングは、既に政府サービス、教育、財務から輸送、製造までの垂直セグメントを一変させつつある。新しい技術と取り組みは新たな生産性を引き出し、これらの由緒ある産業と部門をイノベーションの最前線に戻している。

変革の第3の波においては、通信事業者が膨大な革新的潜在力の触媒になるだろう。長い歴史を持つ産業はワンストップのローカル・サービス、クラウドとネットワークの相乗効果、完璧なセキュリティーを要求する。通信事業者は、垂直セグメントが断片的なネットワークとプロセスを統合するのを支援するため、独自の強みを活用することができる。通信事業者はビジネスプロセスとネットワーク運用を再構築することによって、産業のデジタル変革を可能にし、顧客の生産性向上からの波及的利益を得ることができる。

成功のチャンスは、特にクラウドサービス、インターネット・オブ・シングス、ビデオの各分野で確実である。ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)のクラウドセールズ&マーケティング担当ディレクター、トーマス・アシェンブレナー氏は「クラウドは全ての産業のドライバーであり、トランスフォーマーである。ドイツ・テレコムとファーウェイは、当社のオープン・テレコム・クラウド(Open Telekom Cloud)を通じて企業に高品質のクラウドサービスを供給するため、ともに革新し続ける」と語る。中国移動安陽(China Mobile Anyang)のワン・ジンチョン最高経営責任者(CEO)は、中国移動(China Mobile)とファーウェイは政府クラウド、企業クラウド、公共サービス・クラウド、IoTクラウドを供給し、その結果として合理化された統治、優れた居住サービス、快適なビジネス環境を備えたスマート・コネクテッド・シティーを創り出していると語る。GSMA Ltd.のジョン・ホフマンCEO兼ディレクターは、クラウド、IoT、ビッグデータのコンバージェンスは今日ここにある未来との接続のための新たなチャンスであると確信している。

デバイス、ネットワーク、オペレーション、サービスの「オール・クラウド」(ALL CLOUD)は、通信事業者のデジタル変革における強力な一歩前進である。China Telecom Cloud Computingのウー・シャンドン社長は「中国電信(China Telecom)とファーウェイは最新のeCloud 3.0を共同開発した。これはクラウドとネットワークを統合し、安全でカスタマイズされたクラウドサービスを提供するものである。産業インターネットの開発をサポートし、産業情報化を推進することができる」と語る。

一方で、ファーウェイは「それを可能にする」(Make It Possible)の原則を着実に実行し、通信事業者向けのソリューション・クラウド、エクスペリエンス・クラウド、ナレッジ・クラウドの開発で主導権を握っている。この試みはファーウェイの組織的潜在力に大きな刺激を与え、同社が通信事業者により良いサービスを提供するようにさせる。

クラウドは既にわれわれの周りの至る所にある。ファーウェイは、開放的で健全なクラウドのエコシステムを開発するため、産業パートナーと協力する用意がある。それは、通信事業者のクラウド戦略をサポートし、それらのクラウド変革を加速し、通信業界全体のデジタル化を可能にする。中国聯通上海(China Unicom Shanghai)のシェン・ケ副社長は「中国聯通(China Unicom)とファーウェイは強力な『2+N』デジタル・ビジネス・エコシステムのフレームワークを一緒に構築しており、eコマース・クラウドを通じてオンラインで企業サービスを供給し、パートナー向けにワンストップのインキュベーター・サービスを提供している」と語る。

Huawei Connect 2016は上海のShanghai Expo Centre、Mercedes-Benz Arena、Shanghai World Expo Exhibition and Convention Center(SWEECC)で8月31日から9月2日まで開催され、1万5000人以上の業界リーダーが出席し、より優れたコネクテッド・ワールド(Better Connected World)をいかに構築し、産業のデジタル変換をいかに促進するかを議論した。詳細はリンクを参照。

▽ファーウェイ(Huawei、華為技術)について
ファーウェイは世界をリードする情報通信技術(ICT)ソリューション・プロバイダーである。ファーウェイは責任ある健全なビジネスプレーヤー、革新的な情報社会のイネーブラー、協力的な業界の貢献者として、より優れたコネクテッド・ワールド(Better Connected World)を構築することに全力で取り組んでいる。顧客中心のイノベーションと強力なパートナーシップへの献身を通じ、同社はキャリア、企業、消費者、クラウドコンピューティングの各領域でエンドツーエンドの能力と強さを確立した。ファーウェイの世界中の従業員17万人は、通信事業者、企業、消費者のために最大価値を生み出している。同社の革新的なICTソリューション、製品、サービスは170以上の国・地域で展開され、世界の人口の3分の1以上に役立っている。1987年に創立されたファーウェイは、従業員によって完全に所有されている民間企業である。詳しい情報はオンラインでwww.huawei.com のファーウェイを参照。

ソース:Huawei

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事