logo

PTC、「Creo in the Cloud」を発表

PTCジャパン 2016年09月02日 15時00分
From PR TIMES

Creo Parametricのクラウドサービスを提供開始

【2016年9月2日】PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、9月1日より、PTCが管理するクラウドサービスにおいて3次元製品設計ソフトウェアであるCreo ParametricのSaaS(Software as a Service)版である、「Creo(R) in the Cloud」の提供を開始したと発表しました。これにより、ユーザーはあらゆる端末からCreo Parametricにアクセスし作業ができると共に、ハードウェアなどの設備投資およびメンテナンスコストの削減が可能となります。このサービスはAmazon Web Service(以下、AWS)上で提供します。また、従来のCreoをご利用中のユーザーも既存のライセンスから本サービスへライセンスを移行することができます(有償)。



[画像: リンク ]

これまでユーザー企業は、異なるソフトウェアのバージョン管理やバージョンアップのインストール作業の要員不足、ソフトウェアのバージョンに適合するため高価なハードウェア投資、設計開発プロジェクトごとに変動する設計者数に応じてライセンスの準備などといった課題を抱えていました。こういった状況に対応するため、多くのユーザー企業は急速にクラウドまたはSaaSの環境への移行を計画しています。Creo in the Cloudは場所やハードウェアに依存せず、効率的なIT投資と高い柔軟性を実現するとともに、管理部門への負担をかけることなくユーザーに常にユーザーに常に新しい技術と豊富な機能が揃った最新バージョンを提供します。

CADユーザーのメリット


場所を問わずにあらゆる端末から同じ環境にてCADへのアクセスが可能(HTML5をサポートするブラウザが必要)
大規模アセンブリを扱うユーザーに対し、クラウド上のリソース活用を可能にすることによりパフォーマンス向上へ貢献


CAD管理部門のメリット


使用バージョンのCADをサポートするための高価なハードウェア投資が不要
個々の端末の故障や、ハードウェアに起因する問題からの開放
バージョンアップに伴う各端末へのソフトウェアのインストールやマシン設定が不要
Creo Parametricの設定の中央管理
データセキュリティにかかるコストの削減
新しいユーザーの追加などユーザー管理負担の軽減


経営側のメリット


CADやハードウェアの委託費用を含むコストの軽減
CADの最新機能をタイムリーに使うことにより設計作業の効率化を実現
CADの使用環境に依存しないため、柔軟な人員配置が可能に



【PTCジャパン株式会社について】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、技術情報の作成・管理・提供を合理化するダイナミック パブリッシング システムの Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える Mathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforiaといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:リンク

* PTCの社名、ロゴマーク、CreoおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。