logo

HDR(※1)映像制作向けの業務用4Kディスプレイのラインアップを拡充 高輝度24型の“DP-V2420”と業界初(※2)17型の“DP-V1710”を発売

キヤノンは、4K・HDR映像制作のニーズに応える業務用4Kディスプレイの新製品として、HDR映像制作に適した高輝度な24型の“DP-V2420”と、業界初(※2)となる放送局の中継車やスタジオでの使用に適した17型の“DP-V1710”を2016年11月上旬より順次発売します。



新製品2機種は、独自開発のディスプレイ用映像エンジン、独自設計のバックライトシステム、およびIPS液晶パネルを採用することで、忠実な色再現・高解像度・高コントラストを実現した業務用4Kディスプレイです。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


■ 高輝度なHDR映像制作向け24型4Kリファレンスディスプレイ“DP-V2420”
“DP-V2420”は、次世代の映像制作としてニーズが高まるHDRの各種規格や方式(※3)に対応し、HDR映像制作で必要となる高輝度と黒輝度の性能を実現した業務用24型4Kリファレンスディスプレイです。ダイナミックレンジが拡大し、映像の明暗差や色表現の幅が広がることで、肉眼に近い輝度表現、自然な色、立体感などを表現でき、ディスプレイ上で質の高い4K映像を確認できるようになります。また、制作用途に応じた適切な画質の確認ができる「HDR設定」(※4)を備え、幅広い映像制作のワークフローに貢献します。

■ 業界初となる放送局向け17型4Kディスプレイ“DP-V1710”
“DP-V1710”は、放送局の中継車やスタジオの副調整室などで主流の19型ラックマウントに対応した、業界初の業務用17型4Kディスプレイです。4Kの高画質性能を持ちながら、17型の小型サイズを実現しており、撮影現場での持ち運びや、中継車などのスペースの限られた場所での運用に適しています。また、HDRの各種規格や方式(※3)への対応や、放送局で求められる黒輝度性能を実現しており、これまでのフルHDの映像制作はもちろん、4K・HDR映像制作といった現場の幅広いユーザーに貢献します。


[表: リンク ]



※1 「High Dynamic Range」の略。映像の明部と暗部の輝度差(ダイナミックレンジ)を向上させる技術。
※2 業務用4Kディスプレイ市場において。2016年9月2日現在。(キヤノン調べ)
※3 ITU提唱の「ITU-R BT.2100-0」、キヤノンのデジタルシネマカメラ独自の記録方式「Canon Log」「Canon Log 2」「Canon Log 3」など。
※4 ディスプレイの持つ最大輝度(ピーク輝度)を優先する表示、輝度を変化させない表示の2通りの確認が可能。新製品2機種は、独自開発のディスプレイ用映像エンジン、独自設計のバックライトシステム、およびIPS液晶パネルを採用することで、忠実な色再現・高解像度・高コントラストを実現した業務用4Kディスプレイです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。