logo

ファーウェイ、HUAWEI CONNECT 2016で同社クラウド戦略の全体像を明らかに

ファーウェイ・ジャパン 2016年09月01日 17時49分
From PR TIMES

エコシステム・パートナーとともに、インテリジェントな世界の実現に注力



ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は8月31日、同社創業以来最大の規模となる総合カンファレンス「HUAWEI CONNECT」(9月2日まで開催、中国・上海)を開会しました。グローバルICTエコシステムの持続的な発展を目指し、「Shape the Cloud」をテーマに3日間にわたり開催される同カンファレンスでは、120を超える国・地域から2万人以上の来場者を迎え、クラウド時代のトレンドや、多様な産業がクラウド技術の開発とクラウド・エコシステムへの貢献を通じてデジタル変革を実現する方法を探究していきます。

[画像: リンク ]


ファーウェイは、「HUAWEI CONNECT 2016」において、同社のクラウド戦略の全体像を明らかにしました。ファーウェイの輪番CEO兼取締役副会長である胡厚崑(ケン・フー)は、同カンファレンス最初の基調講演で、ファーウェイはインテリジェントな世界を実現するイネーブラーとなり、またそれを推進するドライバーとなることを目指すと表明しました。ファーウェイは今後もお客様志向の企業文化を堅持しつつ、ICTインフラに注力した革新的なクラウド技術を提供し、デジタル変革とクラウド変革で選ばれるパートナーになることを目指していきます。同時にオープンな協業を通じて、ともに成功を分かち合うことでクラウド・エコシステムの発展にも積極的に貢献していきます。

胡は、ICTがインテリジェントな世界の基礎となると述べ、これを次の3つの要素に分けて説明しました。あらゆるモノが周囲の状況を感知できるようにする「感覚器」としてのデバイス、すべてのモノをつなげるネットワーク、すべてのモノの背後で動きインテリジェンスの源泉となるクラウドの3要素です。このデバイス-パイプ-クラウドの3要素が協調して動作するひとつのアーキテクチャこそが、将来に向けたファーウェイの投資における戦略的フォーカスとなります。

胡はまた、次のように述べています。 「今後5年から10年で、多様なユース・ケースに自動で適応するさまざまなスマート・デバイスが登場するでしょう。すべての人とモノが周囲の状況を感知できるようになり、これらのスマート・デバイスがインテリジェントな世界への入口となるでしょう。また、光ネットワークや無線ネットワークはユビキタスで超高速なネットワーク接続を提供するでしょう。一方で、世界各地で互いにつながりあったコンピューターは膨大なデータを集め、クラウド上で『デジタル・ブレイン』を形成するでしょう。この『デジタル・ブレイン』はリアルタイムで進化し、老化することもなく、超高速通信とスマート・デバイスを介して人々やマシンが必要とする知性をいつでも提供することができるのです」

さらに胡は、今後は企業がクラウド時代の主役となり、業界や企業の具体的なニーズをもとにソリューションのイノベーションが実現されると語ります。こうしたなか、ファーウェイはお客様志向を貫き、個々の企業顧客のニーズを深く理解し、それに対応できる革新的な技術を開発していくと述べました。

ファーウェイはこうした方針に基づき、統合されたオープンなアーキテクチャをベースとする、デリバリーと運用が容易なハイブリッド・クラウド・ソリューションを提供しています。オープンで安全性をの高いこうしたソリューションは、エンタープライズ・グレードのパフォーマンスをワンストップの統合環境で実現するもので、お客様の課題を直接的に考慮して設計された多様な機能を備えています。またファーウェイは、お客様への価値創出を軸としたクラウド・エコシステムを発展させ、エコシステム内のあらゆる組織が独自の付加価値で貢献することを重視しています。胡は、ファーウェイが自社のみであらゆるクラウド・ソリューションを提供することはなく、エコシステムのイネーブラーとして、お客様が求めるさまざまなタイプのクラウド構築を支援することを目指すと強調しました。

現在、クラウド分野で生まれた企業が最初のクラウド時代(クラウド1.0)の発展をリードし、世界各地で産業界に破壊的イノベーションをもたらしています。胡は、今後10年はクラウド2.0の時代となり、無数のインダストリー・クラウドが登場するとの考えを示したうえで、2025年までにすべてのエンタープライズITソリューションがクラウド化され、85%以上の企業アプリケーションがクラウド・ベースになるとのファーウェイの予測を紹介しました。こうした時代では、あらゆる企業が自社の中核事業をクラウドに統合し、自社に最適な形のクラウド・ソリューションを追い求めるようになります。

胡は、ファーウェイ自身のクラウド化における経験の一部を紹介し、クラウドから価値を創出することが重要だと強調したうえで、企業が価値を創出するための3つの方法を提唱しています。「はじめに、企業はICTに対するマインドセットを変えることが不可欠です。 企業はICTを業務支援システムではなく、ビジネス創出のための中核システムとして捉え、テクノロジーを積極的に活用してビジネス・プロセスを刷新すべきです。二つめに、企業は人材に対する考え方を改め、自社の社員に基礎的なICT知識、とりわけクラウド技術に適用できるような知識を身につけさせることが必要です。三つめとして、企業は大きなビジョンを持って小さなアクションを積み重ねていかなければなりません。周到かつ段階的な改善によって前進していけば、新たなテクノロジーやそれがもたらす成功へのゆるぎない自信を構築できるでしょう」

胡は続けて次のように述べています。「クラウドはすべてを変化させています。私たちは変化を新しい時代に向かう過程と捉えています。クラウド2.0時代を生きる企業にとって、変化は希望です。アクションを起こすことで、未来を創造できるのです」

「HUAWEI CONNECT 2016」には、ファーウェイの3人の輪番CEOである胡厚崑(ケン・フー)、徐 直軍(エリック・シュー)、郭平(グォ・ピン)が基調講演に登壇します。さらに、インテルCEOのブライアン・クルザニッチ氏、インフォシスCEOのビシャル・シッカ氏、SAP上級副社長のトーマス・ザウアーエシッヒ氏、MITスローン経営大学院 主席研究員アンドリュー・マカフィー氏などにも基調講演にご登壇いただく予定です。

同カンファレンスではまた、クラウド・エコシステムの主要プレーヤーが上海エキスポ・センターの18,000m2の展示ホールに集結します。展示フロアの半分をファーウェイの産業パートナーによる展示が占め、インテル、HGST、SAP、アクセンチュア、インフォシス、OpenStack、GSMAなど、ファーウェイや産業エコシステムに関わる80の業界団体と協賛企業が出展します。カンファレンスの開催期間中、ファーウェイはクラウド、ビッグデータ、SDN、IoT の4つの主要なテクノロジーに重点を置き、クラウド・ストレージ、クラウド・サービス、SDNコントローラーの分野で8つのフラッグシップ・ソリューションを発表する予定です。これらのソリューションは、官公庁、公共サービス、金融、通信、エネルギー、メディアなどの9つのインダストリーのお客様のデジタル化を実現すべく設計されたものです。


「HUAWEI CONNECT 2016」の詳細は、以下の特設サイトをご覧ください。
リンク

*本参考資料は2016年8月31日(現地時間)に中国・上海で発表されたプレスリリースの翻訳版です。



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。