logo

Neeraj Bhagat & Co.はインドで事業を開始する国外居住者にガイドラインを提供

Neeraj Bhagat & Co. 2016年09月01日 14時53分
From 共同通信PRワイヤー

Neeraj Bhagat & Co.はインドで事業を開始する国外居住者にガイドラインを提供

AsiaNet 65536(1063)

【ニューデリー2016年9月1日PR Newswire=共同通信JBN】
あなたはインドで雇用や事業を始めようとしている海外居住者ですか。

インドは世界で急成長する経済圏の1つであり、世界の多国籍業はインドに支店を開設するか、販売代理店を置きたいと考えている。重要な問題は、こうした事業計画に対する規制とその課税問題である。Neeraj Bhagat & Co.は以下のように答える。
リンク

(Logo: リンク

▽雇用ないしはビジネスの目的でインドに来る外国人である国外居住者にとって何が必要なのか。
国外居住者にとってまず必要なことは、就労許可を申請することである。すなわち雇用ビザ(Eビザ)ないしはビジネス・ビザである。雇用ビザは、年間所得が2万5000米ドルを超えるならば外国人に交付される。

▽国外居住者がインドに到着して直ちにするべきことは何か
まず、滞在180日を超える有効なビザを保有する国外居住者(180日を超えてインドに滞在する予定がある人)は到着から14日以内に外国人登録局(FRRO)で登録し、居住許可を得る必要がある。

▽国外居住者が従わなければならない税制順守はなにか
国外居住者は年度ごとの居住者証明に基づき、インドで税金を納める義務がある。居住者証明は、居住目的に関係なく、インドに滞在することによって決まる。
リンク

納税申告の提出:インドの納税申告の提出期限は、年度後の7月31日である。申告は手書きか、ないしはウェブサイトリンク から提出できる。

▽国外居住者は質問に対する回答を探すことができる
国外居住者は居住を早めるか、ないしは延期するために税務計画を利用することが可能か。
リンク

国外居住者が守らなければならないその他の規制順守はあるのか。
リンク

▽Neeraj Bhagat & Co.について
われわれは、会計、法定税制順守、FEMA、移転価格、法定監査、納税適性評価の分野で過去19年にわたりサービスを提供してきた公認会計士、MBA資格取得者、その他の財務プロフェッショナルから成る40人のプロフェッショナル・チームである。Neeraj Bhagat & Co.はニューデリー、グルガオン、ムンバイにオフィスを構えている。会計団体で世界のトップ20の1つであるINAA Accounting Associationのメンバーである。

▽報道関係問い合わせ先
Neeraj Bhagat
CEO
IND +91-9810158561
US + 1-646-844-7244
UK +44-2070480613
Email id: neeraj@neerajbhagat.com

ソース:Neeraj Bhagat & Co.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。