logo

移住をしなくても、地域貢献ができる物々交換系クラウドソーシング「肉(ニク)ラウドソーシング」を北海道十勝管内19市町村と9/1に開始

9/17には応募検討者向け説明会を開催

シゴト交流サイト「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:仲暁子、以下 当社)と北海道十勝管内の19市町村は、地方に移住することなく、地域貢献ができる物々交換系クラウドソーシング「肉(ニク)ラウドソーシング」プロジェクトを、2016年9月1日(木)から開始いたします。また、同年9月17日(土)には、同プロジェクトへの応募検討者向け説明会を開催いたします。



[画像1: リンク ]


「肉(ニク)ラウドソーシング」とは?
物々交換系クラウドソーシング「肉(ニク)ラウドソーシング」は、特定のスキルを持った人材の確保が困難な地方の企業とスキルを有する人材をマッチングさせることで、地域貢献につなげるプロジェクトです。

これまでのクラウドソーシングは、仕事を依頼する対価として、金銭を支払う仕組みが一般的でしたが、物々交換系クラウドソーシング「肉(ニク)ウラドソーシング」では、地域の特産物を対価として、仕事を依頼することが可能となります。

第一弾のプロジェクトは、北海道十勝市19町村に所在する企業・団体の仕事を募集いたします。まずは、3案件から募集を開始し、11月に10案件が追加される予定です。この企画から生まれる地元の企業とのコミュニケーションを通して、十勝という地域と関わる人材が増えることを目指します。

今後もシゴト交流サイト「Wantedly」では、「肉(ニク)ラウドソーシング」の取り組みを全国的に展開していくことで、移住することなく、地域貢献ができる新しいシゴトとの出会いを創出してまいります。

<プロジェクトの流れ>


[画像2: リンク ]

プロジェクト開始の背景
地方創生への機運が高まる中、地方への移住に関しては、仕事がないなどの理由から、断念する方々が多く、地方への人材循環が進んでいないことが実情です。

十勝19市町村が、2015年に実施した「十勝クリエイティブ人材移住促進調査」では、数年以内に地方への移住を検討している層には「地域のプロジェクトに関わりたい」「何か面白そうなことがこれからはじまりそうな地域を探している」意向があるとの結果が出ていました。

また、十勝管内の企業の課題として、「新しいことをやりたいが、一緒にやれる人材がどこにいるのかわからない」「首都圏の人材が優秀なことはわかっているが、自社の予算感と比較すると、依頼できる金額を出すことができない」などの声が多く寄せられていました。

そこで、「首都圏から見ると価値あるものだが、地方だと安く手に入る特産物」に着目し、これらをお礼にして作業を依頼する「肉ラウドソーシング」という企画を十勝19市町村と共同で考案いたしました。


初期募集案件
今回募集を開始する案件は以下の通りです。

■十勝清水コスモスファーム:「十勝ぼうや牛」1年分で新商品パッケージ開発をしてくれる方募集!
リンク

[画像3: リンク ]


■晩成温泉:「太平洋が見える晩成温泉の100回入浴券」で温泉紹介サイトをつくってくれる方募集!
リンク

[画像4: リンク ]


■十勝さらべつ熱中小学校:「十勝の季節の野菜便」で十勝さらべつ熱中小学校のPR活動をしてくれる方募集!
リンク

[画像5: リンク ]


肉(ニク)ラウドソーシング説明会 開催情報
このプロジェクトの開始にあわせて2016年9月17日(土)に応募検討者やプロジェクトに興味のある方に向けた説明会を開催いたします。当日は、プロジェクトの募集を行う十勝管内の企業が特産物を持って参加する予定です。

・2016年9月17日(土)15時~17時 肉ラウドソーシング説明会@下北沢 B&B
リンク

・2016年9月17日(土)18時~21時 肉ラウドソーシング説明会 延長戦(懇親会)@IBIZA下北沢
リンク


十勝19市町村について
当該プロジェクトは十勝19市町村の広域連携プロモーションとして開始します。今後は十勝19市町村に限らず、ほかの地域においても展開予定です。

<十勝19市町村>

[画像6: リンク ]


ウォンテッドリー株式会社について
ウォンテッドリー株式会社は、「はたらく」を面白くするシゴト交流サイトを提供している企業です。2012年2月の公式リリースから現在まで、約17,500社と月間100万人の方が、リレーション作り、ブランディング構築やマッチングのツールとして、ウォンテッドリーのサービスを活用しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。