logo

ENGAWA社と連携し、中華圏向け企業・自治体PRサービスを開始

株式会社朝日新聞社 2016年09月01日 11時00分
From PR TIMES

~中華圏からの訪日客向け新サービス・新商品のプレスリリースを翻訳して情報発信・拡散~

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は1日、日本企業や自治体のインバウンドおよび海外でのプロモーション支援を手掛けるENGAWA 株式会社(代表取締役社長:牛山隆信)と連携し、中華圏向け企業・自治体PRサービスを開始しました。企業や自治体による訪日客向け新サービスや新商品のプレスリリースを翻訳し、朝日新聞社が手掛ける中華圏向けショッピング・レジャー情報サイト「日本購物攻略」(リンク)とSNSで情報を拡散するサービスです。

日本企業や自治体による訪日客向けサービスが連日、様々な形でスタートしていますが、十分訪日客に情報が伝わっていないのが現状です。それを受け、企業・自治体からのPRニーズの高い中国、台湾、香港に向けたPRサービスを開始しました。料金体系は1回配信コースと年間契約コースの2種類です。1回配信コースは、簡体字と繫体字への翻訳、日本購物攻略での翻訳済みプレスリリース掲載、日本購物攻略のSNSでの情報発信のセットで1回配信につき30万円(税抜き・ネット料金)。年間契約コースは1年間に5回の配信を行うもので100万円(税抜き・ネット料金)です。ENGAWA 株式会社の中国・台湾のネイティブスタッフがプレスリリースの翻訳を手掛けます。

朝日新聞社は2011年より朝日新聞中文網を運営しており、中華圏向けの情報配信に力を入れてきました。急増する中華圏からの訪日客への情報配信を目的として昨年11月から、日本のショッピング・レジャー情報サイト「日本購物攻略」を開始しました。Weibo、WeChat、Facebookの各SNSで、中国、台湾のネイティブによる情報発信も行っており、多くの現地ユーザーに閲覧されています。日本国内の企業や自治体の中華圏向けの広告配信や、訪日客向けのクーポン配信も手掛けており、ご好評いただいています。

ENGAWA 株式会社は、国内の優れた商品・サービスを募集・表彰し、世界中に発信するアワードプログラム「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)」の運営や、外国人向けに日本のライフスタイルを発信する英字メディア「Tokyo Weekender」の発行などを手掛けています。今年6月から日本購物攻略でOMOTENASHI Selectionの認定商品を紹介する取り組みを開始しています。今後も2社で連携し、中華圏をはじめとする海外への日本商品・サービスの情報発信を強化してまいります。


本サービスのお問い合わせはこちら
ENGAWA株式会社
メールアドレス:info@engawa.global  
電話番号:03-6863-3096

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事