logo

アジアインサイトレポート 第17弾 『アジア4都市のオンラインショッピングの利用実態』

株式会社インテージホールディングス 2016年08月31日 11時01分
From PR TIMES



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとに「アジアインサイトレポート」を発行しています。第17弾のレポートでは、『アジア4都市のオンラインショッピングの利用実態』を発表します。今回は、各都市のオンラインショッピング利用実態に焦点を当て、インテージの独自調査Asia Insight Research※1 で明らかになった各都市の違いを分析しました。

------------------------------------------------------
まとめ
------------------------------------------------------
アジア4都市において、オンラインショッピングの利用率は全体の2割弱~3割という結果となった。年代別に見ると、4都市ともにオンラインショッピングのユーザーは20代・30代が中心であり、スマートフォンでの利用率が高い。
公共交通機関が日本ほど整備されていないアジア4都市において、渋滞は未だ深刻な問題である。渋滞により移動時間が長くかかり、バイクでは行動範囲が限られるなどの不便さが、オンラインショッピングの需要につながり、利用内容は商品だけではなくサービスまで多岐にわたる。現在、購入される商品は、「ファッションアイテム」「電化製品」「化粧品」が大半。オンラインショッピングのユーザーが重視する点は、「利便性」「値段の安さ」であり、今後これらの要因が満たされれば、その他の商品カテゴリーの購入も普及するだろう。

------------------------------------------------------
調査結果
------------------------------------------------------
1.過去6か月以内のオンラインショッピング利用者は、4都市の中でホーチミンが31.7%と最も高く、
  次いでデリー23.6%、ジャカルタ22.0%、バンコク16.5%となった。

[図1]オンラインショッピング利用状況 【ベース:全体】

[画像1: リンク ]

2.オンラインショッピング利用者は、どの都市も20代・30代が中心であり、スマートフォンでの
  利用率が非常に高い。ホーチミンは、デスクトップ/ノートパソコンでの利用が80.2%と高く、
  職場のパソコンを使用して商品を購入する人々が多いホーチミンの現状を反映している。

[表1] 年代別利用状況 【ベース:全体】

[画像2: リンク ]

[表2] デバイス別利用状況(複数回答) 【ベース:オンラインショッピング過去6か月以内利用者】

[画像3: リンク ]

3.4都市において購入される商品カテゴリーは「ファッションアイテム」が第一位である。
  次いで電化製品、化粧品が上位にあがっている。国によって順位に違いはあるが、
  上位にあがるカテゴリーに違いはほぼ見られない。

[表3] 購入カテゴリーTOP3(複数回答) 【ベース:オンラインショッピング過去6か月以内利用者】

[画像4: リンク ]

4.オンラインショッピングを利用する理由は、「自宅へ配送」「購入のしやすさ」などの利便性を
  重視する傾向が高い。

[図2]オンラインショッピング利用理由(複数回答)
    【ベース:オンラインショッピング過去6か月以内利用者】
[画像5: リンク ]

------------------------------------------------------
調査概要
------------------------------------------------------

[表: リンク ]



※1 Asia Insight Researchとは
インテージグループが、毎年実施している自主企画調査です。生活・消費実態から、アジア各都市の生活者の意見、評価、認知を聴取しています。

※2 SEC=Social Economic Class =社会階層分類

【株式会社インテージ】 リンク
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。生活者とお客様を「情報」でつなぎ、お客様のビジネスの成功に貢献することによって、その先の生活者の暮らしを豊かにすることを目指します。
------------------------------------------------------
報道機関からのお問い合わせ先
------------------------------------------------------
■株式会社インテージ 広報担当
担当:小林(こばやし)/石渡(いしわた)
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5294-8358
「お問い合わせフォーム」
リンク

------------------------------------------------------
調査データに関するお問い合わせ先
------------------------------------------------------
■株式会社インテージホールディングス 海外事業統括本部
担当:芝崎(しばさき)
TEL:03-5294-8304 FAX:03-5294-8318

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事