logo

サウスコ・ジャパン、高荷重用のディスプレイマウント(取付金具・アーム)新製品を発表

サウスコ・ジャパン株式会社 2016年08月30日 11時00分
From ValuePress!

ロック、ラッチ、ファスナ、ヒンジ、ポジショニングテクノロジーや電子アクセスなど各種アクセスソリューションの世界的なリーディングサプライヤーである米サウスコ社の日本法人・サウスコ・ジャパン株式会社(大阪市此花区/代表取締役 渡邉哲哉)は、堅牢な機能性と設計柔軟性で実績を持つ同社のモニタ取付金具に、より大型かつ高荷重のモニタに対応する「AV-D40」 3シリーズ製品を追加し、ラインナップを拡充しました。

[大阪] – 2016年8月30日 – ロック、ラッチ、ファスナ、ヒンジ、ポジショニングテクノロジーや電子アクセスなど各種アクセスソリューションの世界的なリーディングサプライヤーである米サウスコ社の日本法人・サウスコ・ジャパン株式会社(大阪市此花区/代表取締役 渡邉哲哉)は、堅牢な機能性と設計柔軟性で実績を持つ同社のモニタ取付金具に、より大型かつ高荷重のモニタに対応する「AV-D40」 3シリーズ製品を追加し、ラインナップを拡充しました。AV-D40シリーズには、チルト/スイベルマウント機能を持つ「Kシリーズ」、同機能および2関節を有するシングルアームの「Aシリーズ」、および3関節アームを有する多段式ダブルアームの「Dシリーズ」で、力をかけずにモニタ位置を正確に制御および保持可能な、サウスコの位置決め技術が活用されています。


[資料: リンク ]


AV-D40シリーズは、従来のサウスコ製モニタ取付金具と同様、ノブや工具無しでモニターの調節が可能、ドリフトを防ぐ正確な操作力と保持力、そして繰り返し使用でも性能を維持できるといった特徴を、大型・高荷重のモニタに対しても実現したものです。AV-D40はVESA 規格に準拠し、最大23 kgまでの大型モニタに対応するとともに、壁面に容易に取付できることを特徴としています。またモニタ/電源ケーブルの格納スペースを確保しながらも、関節数を最低限に抑えることですっきりとしたデザインを実現しており、メンテナンスや清掃も容易に行うことができます。加えて、3関節多段式アームを持つDシリーズは、より広い範囲にモニタを移動することができます。

サウスコ・ジャパン、カントリーマネジャーの渡邉哲哉は、「高荷重仕様のAV-D40シリーズは、タッチスクリーン操作、振動環境や、またはモニタを平衡でない面に取り付けた場合でも、重量のある大型モニタをしっかりと固定することで快適な操作性を提供することができます。AV-D40シリーズは、他のサウスコ製モニタ取付金具・アームと同様、使用期間中のメンテナンスや再調整が不要で、非常に少ない力で操作することができ、また性能試験により2万回の繰り返し使用サイクルで性能を維持することが確認されています。」とコメントしました。

サウスコのモニタ取付金具について詳しくは、日本語ウェブサイト
リンク
もしくは、

サウスコ代理店パートナーである高千穂交易株式会社のウェブサイト
リンク をご覧ください。
# # #

サウスコ(Southco)について
1899年に米国ペンシルバニア州で創業したサウスコは、ラッチ、ロック、キャプティブファスナ、クイックアクセスファスナ、ヒンジ、ハンドル、挿入部品、電子アクセスソリューション、その他アクセサリ部品などのアクセスソリューションを信頼できるリーダーとして世界中に提供しています。サウスコのアクセスソリューション製品は、ネットワーク、テレコミュニケーション、コンピュータ、自動車、航空宇宙、公共輸送、オフハイウェイ/建設機器、医療、RV/キャラバン、産業機械、海洋、空調産業などの様々な用途で使用されています。

サウスコは顧客の要望に応じたカスタムソリューションおよびグローバルサポートに注力しています。アクセスソリューションに関する製品開発をサポートしながら高品質と満足をお届けすると共に、Connect(接続)・Create(創造)・Innovate(革新)によって、あらゆるアクセス技術の課題に対してベストソリューションを提供します。
リンク (サウスコ・ジャパン ウェブサイトリンク


Southco Asia Limited(アジアパシフィック地域本社)
24/F, Tower 2, Ever Gain Plaza, 88 Container Port Road, Kwai Chung, Hong Kong
Phone: +852 3127 1500 Fax: +852 3127 1512 ap_marketing@southco.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。