logo

「キリン カフェインゼロ生茶」と「キリン 午後の紅茶 こだわり素材のピーチティー」 が「第10回キッズデザイン賞」を受賞!

キリン株式会社 2016年08月30日 14時00分
From Digital PR Platform


キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)が製造・販売する「キリン カフェインゼロ生茶」と「キリン 午後の紅茶 こだわり素材のピーチティー」 が、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が主催する「第10回キッズデザイン賞」において、「子どもたちを産み育てやすいデザイン」の部門で受賞しました。

今回受賞した「カフェインゼロ生茶」は、ペットボトル緑茶飲料として世界初※1となるカフェインゼロの緑茶飲料です。当社の独自技術である「カフェインクリア製法」(特許製法)を駆使し、緑茶中のカフェインを選択的に吸着除去することで、おいしいカフェインゼロの緑茶を実現しました。
また、「午後の紅茶 こだわり素材のピーチティー」は、使用する原料の産地や品種にこだわり、“カラダにやさしい”をコンセプトに、ペットボトル入り紅茶飲料で日本初※2となるカフェインゼロ※3、カロリーゼロ※4を実現した「午後の紅茶 こだわり素材」シリーズの1つです。健康への関心が高い20代から40代女性を中心に大きな支持をいただいています。
※1 ペットボトル緑茶史上初(100ml当たりカフェイン含有量0.001g未満のPET容器詰め緑茶飲料、2014年2月SVPジャパン調べ)
※2 当社調べ
※3 0.001g(100mlあたり)未満を0gと表記
※4 食品表示基準に基づき、5kcal(100mlあたり)未満を0kcalと表記


●「キッズデザイン賞」と今回の受賞理由について
・特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が2006年から主催する、子どもへの配慮、子ども目線を持った良質な製品・空間・サービス・プログラム・調査研究活動などを幅広く顕彰する制度です。「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という3つのデザインミッションを実現するため、優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。
・乳幼児用品や玩具など子ども向けの商品・サービスだけでなく、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもの目線を持った良質な商品・施設・プログラム・調査研究活動も対象としています。
・当社商品が受賞した「子どもたちを産み育てやすいデザイン」部門では、親(妊婦含む)や育児に関わる人が利用する商品、建築・空間、サービスにおいて、安全かつ楽しく育児に取り組める工夫がなされたもの(保育園、学校、自治体、地域などで利用されるものを含む)、 また、子育て期の男女が、育児や仕事、地域との交流などに積極的に参加するための新たな発想、工夫、手法のあるものが対象となりました。
・今回は、当社商品について、“子どもや子育てに関わる人々の生活を豊かにする製品や取り組み・活動”として高い評価をいただき、同賞の受賞につながりました。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事