logo

アデランスのディスプレイ広告施策において直接ビュースルーコンバージョンを含めた広告キャンペーンではAdRollが最も獲得効率の良いDSPと評価される

AdRoll株式会社 2016年08月30日 11時53分
From PR TIMES

第三者配信アドサーバーの導入により正確なDSPのパフォーマンス計測に基づく

パフォーマンス広告テクノロジー企業AdRoll(本社 米国カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO兼 創設者アーロン ベル 以下AdRoll、日本法人代表 香村 竜一郎)は、本日、総合毛髪関連企業・株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本 信男)のディスプレイ広告施策の一つとしてAdRollリターゲティングが採用されていることを発表いたします。

アデランスは、これまで長期に渡り大規模なTVCM展開を含む幅広い広告施策を実施しており、現在では従来型のマス広告とデジタル施策とのそれぞれにおいて最大成果を発揮できるメディアミックスを追求しています。現在同社はデジタル施策の成果指標としてビュースルーコンバージョンを採用し、可視化しています。ツールを駆使し、データに基づいた最適な施策調整を行い、ターゲット顧客のライフスタイルに合致したそれぞれの施策で確実に成果を出すことで、総合的なROIを最大化しています。

ターゲットに確実に”あてる”
アデランスのTVCM、雑誌、新聞広告、WEB広告などの施策では、それぞれの問い合わせ電話番号を分け、全コンバージョンに対してどの施策が寄与したかを分析してきました。同社は、広告が”あたる=広告が提供された”、その後のユーザーの態度変容の正しい把握をもっとも重要視しており、ターゲットユーザーにきちんと”あてられる”よう、デジタル施策ではアトリビューションをトラッキングし、その成果データを基に細かな最適化を繰り返し、確実にターゲットユーザーに、適切な情報をタイミングを逸することなく提供しています。これはオンライン広告で一般的に言われる単なる”インプレッション”重視とも”クリック”重視とも異なっています。
アデランスは、同社の広告施策に関する思想と近いプロダクト思想であることからAdRollでの広告配信テストを2016年初から実施、シミュレーション結果を踏まえて同年2月よりAdRollリターゲティングを開始しました。第三者配信アドサーバー(3PAS)*1を導入してより正確なDSPのパフォーマンスを継続的に計測した結果、直接ビュースルーコンバージョン(直接VTC*2)を含めた場合、現時点で活用しているDSP全9社のうち、AdRollが最も獲得効率が良いDSPであると評価しています。

媒体ごとのキャンペーン成果を正確に把握する指標
アデランスはながらくマス広告に重点をおいていましたが、デジタル施策をより強化するために、2013年10月に男性用かつら分野のデジタル施策を取りまとめる戦略パートナーとして株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 グループCEO:林 郁、以下:デジタルガレージ)を選択、密接な協働を開始し、Webサイトもこれを機に大幅に改良することで相乗効果を狙いました。
デジタルガレージは3PASを導入し、ターゲットユーザー層へのリーチを正確に計測することを推進しています。アデランスとデジタルガレージは現在まで2年9ヶ月にわたり継続してビュースルーコンバージョン(VTC)をトラッキングし、ビュースルー後のユーザー行動を正しく理解することで、より正しいディスプレイ広告の成果に基づく正当な評価を行ってきました。その方針で、直接CTC*3と直接VTCの合計を指標としてWeb広告成果を評価し、それぞれのメディアの強みを把握し、パフォーマンス効率を最大化するようアデランスと共に最適化を行っています。アデランスは、デジタル施策に偏ることなく、長年培った施策成果データを基にマス広告展開とデジタル施策の総合的な経営指標を明確にすることで、経営層のデジタル施策に対する理解を得ることにも成功しています。

アデランスは現在幅広い年代の消費者に対して高いブランド確立に成功しています。この強いブランド認知度とサイト訪問者数を土台に、新規顧客獲得施策として有効なAdRollのProspectingも同年7月から開始しました。引き続き、デジタル施策のアトリビューションを明確にし、広告成果の正しい評価に基づく正しい媒体評価や最適化を行い、デジタル広告とマス広告の相乗効果を強めていく意向です。

※1 3PAS: 複数の異なるメディアの広告を一括管理して配信・効果測定を行うアドサーバー。
※2 直接VTC:直接ビュースルーコンバージョン。広告が露出した(表示された)後、その他の広告に接触せずにオーガニック検索による誘導などでコンバージョンにいたること。
※3 CTC: クリックスルーコンバージョン。広告をクリックしたユーザーが誘導されたサイトでコンバージョンにいたること。


■AdRollについて
AdRollは世界で最も幅広い顧客層に利用されているパフォーマンス広告プラットフォームを提供し、全世界で3万社を超える広告主に採用されています。2015年6月には新規顧客へのリーチを拡大するAdRoll Prospectingサービスを開始しました。AdRoll使い勝手のよいプラットフォームにより、あらゆる規模の企業が自社ウェブサイトから得た顧客データを活用し、個々のユーザーにパーソナライズされた広告キャンペーンを、高いオンライン広告費用対効果で実施できるように支援するとともに、Google、Facebook Exchangeなど最大規模の広告インベントリーソースにわたって比類のない透過性とリーチをもたらします。サンフランシスコに本社を構え、ニューヨーク、ダブリン、ロンドン、シドニーにオフィスを開設しています。また、Foundation Capital、Institutional Venture Partners、Accel Partners、Merus Capital、Peter Thielなどの主要投資機関の支援を受けています。詳細については、リンク、AdRoll株式会社についてはこちらリンク をご覧ください。


AdRollの情報ソース(日本語)リンク
ブログ:リンク
情報/レポート: リンク
プレスリリース: リンク
Twitter: リンク
Facebook: リンク
LinkedIn:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事