logo

メイテックグループ 「地域限定社員制度」を新設

九州エリアに特化したエンジニア派遣サービスを開始

正社員エンジニアの派遣を中心にサービスを提供するメイテックグループ(本社:東京都港区、グループCEO 國分 秀世)は、働く地域を限定した「地域限定社員制度」をメイテックフィルダーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 下村 浩二)に新設し、9月1日より九州エリアでエンジニアの採用活動および製造業各社への技術サービスの提供を開始します。

メイテックグループは、1974年の創業以来、エンジニア派遣事業の先駆企業として、延べ4,000社を越える日本全国の製造業のお客さまに「人と技術」のサービスを提供してきました。またグループで約8,700名の設計開発エンジニアが在籍し、日本最大規模の「プロのエンジニア集団」を築いております。

従来の地域にとらわれない働き方に加え、働き方への価値観の多様化に対応すべく、メイテックフィルダーズに「地域限定社員制度」を新設します。これまでメイテックグループが培ってきた強みであるキャリアアップ支援のノウハウを活用しながら、地域を限定して働くライフスタイルとの両立を実現するもので、グループとして初の取り組みです。

【「地域限定社員制度」について】
・働く地域を限定して、ライフスタイルとキャリアアップを支援する制度。このメイテックグループとして初の制度を、メイテックフィルダーズに新設する。
・教育研修や評価システムについては、既存事業と同様のプラットフォームを活用し、働く地域を限定しながらキャリア形成できる環境を用意する。
・「働き方の価値観の多様化における対応」と「特定地域における既存事業同様のキャリアアップを軸とした技術提供サービス」の両方の実現を目指す。


【九州エリアでサービスを着手する背景】
エンジニア採用市場、ならびに製造業の集積状況やエンジニア派遣需要を調査し、
サービスに着手できる市場であると判断。

≪エンジニア採用市場≫
・他地域に比べて地元での就職志向が強い傾向が見られ、九州地域限定での採用ニーズがある。

≪製造業の集積状況とエンジニア派遣需要≫
・九州地方は、自動車や半導体、産業用機器関連などの、さまざまな製造業メーカーが集積。
・関東・関西・東海に次いで派遣市場規模が大きく、当地域の特定派遣労働者数は約15,000名(※)。
 また、開発・設計業務から評価業務、生産技術など幅広い領域における技術者ニーズが高い。
 (※厚生労働省発表の「特定労働者派遣事業・都道府県別」データより)


職業をエンジニアに限定、また地域を限定した働き方の実現により、さらに多様な働き方を創出し、製造業各社にもご提案する人材の選択肢を広げることが可能になります。

私たちメイテックグループは、社員一人一人の働き方における価値観の多様化に向き合いながら、エンジニアのキャリアアップ支援をさらに推し進めてまいります。


株式会社メイテックフィルダーズについて
[表: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事