logo

キャンセル料が掛かるホテル予約の権利を売買できるWebサービス『Cansell』プレビュー版の事前登録を開始

Cansell株式会社 2016年08月29日 12時00分
From PR TIMES

プレビュー版は9月15日(木)公開、キャンペーン期間中は全ての手数料が無料

Cansell株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:山下恭平)は本日、宿泊予約の権利売買サービス『Cansell』プレビュー版の事前登録を開始することを発表いたします。Cansellは宿泊予約に関する課題を解決するだけでなく、今までにない「権利の二次流通市場」の開拓を目指します。



URL:リンク

[画像1: リンク ]


■宿泊予約の権利を売ることでキャンセル料を節約
「Cansell」はキャンセル料の掛かるホテル予約の権利を他の人に販売できるWebサービスです。

急に予定が入ってしまったり、事情により宿泊予約をキャンセルする場合、キャンセル料が発生してしまうことがあります。予約をしている以上、宿泊施設が定めたキャンセル料を支払うの仕方がなく、このような場合は自分で他に宿泊してくれる人を探すことで解決したり、やむを得ずキャンセル料を支払うというのが現状です。

そこで「Cansell」は、本来キャンセル料を支払うはずだった宿泊予約の権利を、そのホテルに泊まりたい人に販売・譲渡できるような仕組みを提供することで、キャンセル料支払いの悩みを解決します。

[画像2: リンク ]


宿泊予約の権利を販売する人はキャンセル料を節約することができ、購入する人はキャンセルする予定の宿泊予約を通常よりも安い値段で譲渡してもらうことでお得に宿泊することができます。
また、宿泊施設はキャンセルされるはずだった部屋に宿泊者が泊まることで、稼働率・客室単価の改善、向上が見込まれます。

[画像3: リンク ]


■大人2人で50,000円の宿泊予約の権利を出品した場合
例えば、大人2人で宿泊料金50,000円の予約をし、50%のキャンセル料が掛かる時に予約を売ることができた場合の節約金額は下記の通りです。

本来支払うキャンセル料
50,000円 x 50% = 25,000円の損

Cansellに出品して40,000円で他の人に売ることができた場合
50,000円 - 40,000円 = 10,000円の損

Cansellを使って節約できた金額
25,000円 - 10,000円 = 15,000円の節約
※数値単純化のため、売買成約手数料は計算しておりません。

■Cansellの特徴
お客様がサービスを安心してご利用頂けるように、様々な仕組みを導入しております。

1.出品される予約は審査制
出品内容に間違いがないかなど、スタッフが全ての予約の実在確認と審査を行います。

2.販売価格は購入価格以下
転売目的の出品を防ぐため、購入価格より高い値段で売れないように制限しております。

3.面倒な手続きやコミュニケーションは不要
出品後は売れるのを待つだけです。売れた後も名義変更の手続きなどはスタッフが全て対応いたします。

4.出品は無料
手数料は売買の成約時のみ発生いたします。もちろん売れなかった場合は費用は掛かりません。

■キャンペーン期間中は全ての手数料が無料
本日から10月31日(月)まで、手数料無料キャンペーンを実施いたします。
出品手数料はもちろんのこと、売買成約時に掛かる手数料も無料でご利用いただくことができます。
※キャンペーン期間は変更になる場合もございます。

■将来的には宿泊予約以外の権利売買も可能に
現在は日本国内の宿泊施設、事前決済の予約に限定していますが、海外の宿泊施設や現地支払の予約、訪日外国人旅行者にも利用いただけるように、サービスの改善・機能拡張、エリアの拡大・多言語化などにも取り組んでまいります。
また、将来的には飛行機の搭乗権利やツアー、アクティビティの参加権利など、様々な権利の二次流通を可能にすることを目指します。

■サービス概要
[画像4: リンク ]

サービス名:宿泊予約の権利売買サービス「Cansell(キャンセル)」
URL   :リンク
手数料  :出品無料、売買成約時のみの手数料が発生(10月31日まで手数料無料)
公開時期 :9月15日(木)よりプレビュー版の提供を開始

■サービス名の由来
キャンセル(Cancel)を売ることができる(can sell)から「Cansell」となっています。

■会社概要
会社名:Cansell株式会社
所在地:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町9番5ー115号
設⽴ :2016年1⽉8日
代表者:代表取締役 山下恭平
事業 :宿泊予約の権利売買サービス「Cansell」の開発、運営
URL :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事