logo

「くろがね四起前期型」修復完成お披露目会開催のご案内

NPO法人 防衛技術博物館を創る会 2016年08月29日 09時23分
From PR TIMES

クラウドファンドで甦った世界初の量産小型四輪駆動車の一般向け初公開

NPO法人防衛技術博物館を創る会(静岡県御殿場市、代表理事:小林雅彦)は、平成28年9月25日(日)に静岡県御殿場市特設会場にて、クラウドファンディングにより1300万円を超える資金を募り2年の歳月を掛けた修復作業が完了した「世界初の量産小型四輪駆動車」である「くろがね四起前期型」の修復完成後初の一般向けお披露目会を開催します。




今回修復した「くろがね四起」は前期型と後期型の二種類が生産され、日本国内に現存が確認されている前期型はこの一台のみです(後期型は石川県日本自動車博物館所蔵)。
この貴重な「くろがね四起」前期型を、NPO法人防衛技術博物館を創る会は2014年に京都市の日工自動車様より「修復して走らせる事」を条件に譲渡され、以後クラウドファンディングでの当時国内最高額の1300万円を超える資金を調達し、国内外の関係各位の協力を得ながら2年の歳月を掛け、2016年夏に走行可能な状態にまで修復いたしました。
完成後は、現在御殿場市に誘致中である国産防衛技術の保存と継承を目的とした「防衛技術博物館」の収蔵品の目玉のひとつになります。
是非とも日本自動車産業史の一つのエポックとなった「くろがね四起」の修復成った雄姿を、一人でも多くの方々に見て頂き、本イベントを通じて防衛技術博物館早期設立の機運を高めていただくことを期待しています。

【イベント概要】
平成28年9月25日(日) 9:00~14:30
(少雨決行、荒天時は御殿場高原ホテル時の栖内別会場にて開催)
(2)場所
御殿場高原ホテル時の栖 特設会場(静岡県御殿場市神山719番地)
リンク
(3)開催内容
「くろがね四起」完成お披露目会(入場無料)
「くろがね四起」以外に同時代のアメリカ、ドイツの軍用ジープを展示し、「くろがね四起」と同年代の
他国の技術や設計思想の違いを見比べる企画を実施します。
(4)主催
NPO法人 防衛技術博物館を創る会
リンク

【NPO法人防衛技術博物館を創る会について】
当会は「海外には当たり前のようにある戦車博物館を日本にも創ろう!」を合言葉に、日本近代工業の礎になった国産防衛技術を保存し、後世に伝えていく事を目的とした「防衛技術博物館」を、国産戦車発祥の地である静岡県御殿場市に誘致する活動を行っています。
現在、本活動にご賛助頂ける賛助会員を募集中です。
詳しくはホームページにて リンク

【本イベントに関する問い合わせ】
NPO法人防衛技術博物館を創る会
事務局担当:ヨシダ
TEL:0550-82-2854(呼出)
FAX:0550-84-0917


[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事