logo

コネクテッド・カー アプリ「Cariot」 運搬生産性分析の“ヒートマップ機能”をリリース

株式会社フレクト 2016年08月25日 14時00分
From PR TIMES

~ルート配送、ダンプトラック運行の待機・滞留の分析をカンタンに~

IoTを中心にクラウドインテグレーションを行う株式会社フレクト(本社:東京都中央区、代表取締役 黒川 幸治、以下「フレクト」)は、コネクテッド・カー・アプリケーション「Cariot」(=”Car(クル マ)“+”IoT“ キャリオット)のサービスにおいて、運搬生産性の分析が簡単にできる「ヒートマップ機能」を8月25日にリリースしました。



「ヒートマップ機能」は、任意の場所、時間帯、車両をCariot上の簡易なユーザインタフェースで選択することで、クルマのパフォーマンス(生産性)の視覚化ができます。本機能の追加により、物流・建設現場の運搬における課題や改善点が簡単に把握できるようになります。

[画像1: リンク ]


■コネクテッド・カー アプリケーション「Cariot」とは
車両にデバイスを差し込むだけで、インターネットやクラウドにつながるアプリケーション。位置情報や速度、燃費など幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車の情報を可視化できます。

本アプリケーションは2015年秋より営業車両やバスの運行管理で利用実績を積み重ね、2016年から建設・物流業務を中心に「作業の効率化」や「コスト削減」の目的で利用されています。幅広い業界での導入数の増加を踏まえ、米国セールスフォース・ドットコムが運営するビジネスアプリケーション世界最大のマーケットプレイス「AppExchange」に公開、提供しています。


■「ヒートマップ機能」追加の背景
物流業務や建設現場の車両を用いた運搬業務において、待機時間や渋滞などによる速度の低下・滞留時間は、業務生産性において大きな課題です。

たとえば、工場や物流センターの積込においてトラックが2時間、場外で待機するといった事は珍しくありません。また、建設現場でもダンプトラックの誘導や積込、荷降などのオペレーションが非効率な場合や渋滞に巻き込まれた場合などに長時間待機・滞留が発生することがあります。

これらの課題を解決する第一歩として、生産性が悪くなる「時間帯」「エリア」「車両」「待機・滞留した場所や時間」の特定を素早くすることが求められます。

今回「Cariot」 に追加された「ヒートマップ機能」は任意の場所、時間帯、車両を選択することで、クルマのパフォーマンス(生産性)の変化が視覚的に分かるものです。これにより、たとえば混んでいる時間帯だけ誘導を変更する、ルートを調整するなどタイムロスを大幅に減らす施策が打ちやすくなります。


■今後の展開
「Cariot」事業では、コネクテッド・カーが当たり前になる未来に向けて、新しいコネクテッド・カーのユースケースを生み出していき、多くのお客様に貢献していくことを目指しています。まずは物流・建設業界をはじめとする車両を取り扱う業界において、2016年度内に5,000台の「Cariot」の導入と、新たなユースケースの創出を目標とします。

《イベントのご案内》
「Cariot」は、2016年9月2日(金)に開催される、全国のSalesforce関連アプリケーションが集結するイベント「AppExchange EXPO 2016 Fall」に出展します。「ヒートマップ機能」を含むCariotの事例、機能についてセッション、およびブースで実演いたします。

リンク
※ご来場には事前申込が必要となります。


【会社概要】
株式会社フレクト
[画像2: リンク ]

フレクトは、Salesforceを中心としたソフトウェア開発・コンサルティング事業等を行う会社です。創業時から続くB2CのWebアプリケーション構築事業で培った技術によるソフトウェア開発力、およびデザイン制作力を強みとしています。セールスフォース・ドットコム社のコンサルティングパートナーとして、また国内に数社しかいないHerokuの開発パートナーとして実績を重ねています。

本社:〒104-0031東京都中央区京橋2-13-10 京橋MIDビル2F
代表者:代表取締役 黒川 幸治
設立:2005年8月
資本金:4,750万円
Tel:03-5159-2090
Fax:03-5159-2091
事業内容:IoT関連サービス、クラウドインテグレーションサービス
企業サイト: リンク
コネクテッド・カー アプリケーション「Cariot」:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。