logo

約3,040万画素の解像力と高速連写・高感度性能を両立 フルサイズデジタル一眼レフカメラ“EOS 5D Mark IV”を発売

キヤノンは、高画素・高速連写・高感度などの性能を従来機種と比較して総合的に向上させたハイアマチュアユーザー向けのデジタル一眼レフカメラ“EOS 5D Mark IV”を9月8日より発売します。



[画像: リンク ]

“EOS 5D Mark IV”は、「EOS 5D Mark III」(2012年3月発売)の後継機種で、静止画・動画ともに本格的な作品づくりを実現するため、フラッグシップ機の「EOS-1D X Mark II」(2016年4月発売)に採用されているさまざまな新技術を搭載した高性能モデルです。

■高画素・高速連写・高感度などの基本性能がバランス良く向上
有効画素数約3,040万画素35mmフルサイズCMOSセンサーおよび映像エンジン「DIGIC 6+」の搭載により、常用ISO感度ISO100~32000を実現しています。また、新開発ミラー振動制御システムの採用により、最高約7コマ/秒の高速連写を実現しています。さらに、撮像素子から得たデュアルピクセル情報をRAW画像に付加する「DPRAW撮影」が可能となり、キヤノン独自のRAW現像ソフトウエア(無償)を通じて撮影後に解像感補正などの微細な画像処理ができます。

■フラッグシップ機と同等の優れた機能を搭載
「61点高密度レティクルAF II」の搭載により、従来機種より縦方向に測距エリアが拡大し、エクステンダーを使用した超望遠撮影時は、レンズの開放絞り数値がF8までの明るさでも全測距点でAFが可能(※1)です。なお、中央測距点ではEV-3の低輝度限界を達成し、暗い環境下でも高精度なAF合焦を実現しています。また、解像劣化の要因となる歪曲収差や回折現象などを撮影時に補正可能なほか、従来のレンズ光学補正だけでは対応できない収差の補正と、ローパスフィルターに起因する解像劣化を補正する「デジタルレンズオプティマイザ」機能を撮影時に適用できるなど、さらなる高画質を実現しています。さらに、「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」(2015年6月発売)と同じ、約15万画素のRGB+IR(赤外光)測光センサーを搭載しており、被写体捕捉・追尾性能が向上しています。

■4K(4096×2160)動画を中心とした動画撮影機能の強化
4K/30pの高精細な動画撮影やフルHD/60p、スローモーション映像の撮影に適したHD/120p動画のほか、タイムラプス動画撮影が可能です。また、フラッグシップ機と同様に、撮影した4K動画から任意の1コマを静止画(※2)として切り出す「4Kフレームキャプチャー」機能を搭載しています。


[表: リンク ]



※1 装着するレンズにより測距点数、クロス測距点数が変動。
※2 動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事