logo

中小企業向けERPクラウドサービス『MJSLINK NX-I for IaaS』を提供開始

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝周樹 以下、MJS)は、2016年8月25日より、パブリッククラウド環境に対応したERPクラウドサービス『MJSLINK NX-I(エムジェイエスリンク エヌエックス・ワン) for IaaS』の提供を開始します。
 昨今、大手企業だけではなく、中小企業においても自然災害等を想定した事業継続計画(BCP)を重視する傾向にあり、また、社内サーバーの運用管理コストの削減等の観点から、ERPシステムをクラウド環境で利用したいというご要望が増えています。
 『MJSLINK NX-I』は、年商数億~100億円、従業員100~300名規模の中小企業をメインターゲットとし、さまざまな中小企業の経営改善や業務改善を実現しているERPシステムであり、これまでオンプレミス版でのみ提供してまいりました。
 今回、ERPシステムのクラウド対応アプリケーションを『MJSLINK NX-I for IaaS』として、それを支えるIaaS基盤『MJS Cloud IaaS』とともに提供します。従来のオンプレミス版と新たなクラウド版の双方をラインアップすることにより、お客様の運用ニーズに合わせた製品提供が可能となります。ERPクラウドサービス『MJSLINK NX-I for IaaS』はオンプレミス版の多彩な機能、操作性を継承するとともに、より短い導入期間でご利用になれます。
 また、『MJSLINK NX-I for IaaS』とデータ連携する税務申告書作成クラウドサービス『MJS税務NX-I for IaaS』の提供も開始します。

■ 『MJSLINK NX-I for IaaS』および『MJS Cloud IaaS』の特長

1. 安全なデータセンターによる運用により事業継続計画(BCP)に対応
国内の安全なIaaS環境を活用することにより、大規模な災害や火災などの被害からデータを守り、被害を最小限に抑えることができます。

2. サーバー運用管理コストの削減
自社内にサーバーを設置する必要がないため、サーバー運用管理コストが不要となり、情報システム部門を持たない企業でも安心してERPシステムをご利用になれます。

3. オンプレミス版の機能を継承し、短期間での導入・利用が可能
クラウド版においても『MJSLINK NX-I』(オンプレミス版)の多彩な機能、操作性を継承します。また、短期間でのシステム導入・利用が可能となります。


■発売日
2016年8月25日(木)

■製品情報
『MJSLINK NX-I for IaaS』
URL: リンク

■価格(税抜)
『MJSLINK NX-I for IaaS財務大将(NE)』  月額    38,900円~
『MJS Cloud IaaS』          月額    65,200円~
※別途、初期設定ならびにシステム導入支援にかかわる費用が必要です。

■ 株式会社ミロク情報サービス(MJS)について  (リンク
 全国の会計事務所と中堅・中小企業に対し、経営システムおよび経営ノウハウならびに経営情報サービスを提供しています。現在、約8,400の会計事務所ユーザーを有し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供しています。また、中堅・中小企業に対して、財務を中心としたERPシステムおよび各種ソリューションサービスを提供し、企業の経営改善、業務改善を支援しています。現在、約17,000社の中堅・中小企業ユーザーを有しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。