logo

スマートフォン広告向け効果測定ツール「F.O.X」がbeacon領域ネットワーク「SWAMP」と連携し、beacon情報を元にしたリアル行動とアプリを連動した効果計測が可能に

株式会社CyberZ 2016年08月25日 12時05分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]



株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)は、スマートフォン広告向け効果測定ツール「Force Operation X」(以下、「F.O.X」)において、3bitter株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐久間 諒)が提供する「SWAMP」と計測連携したことをお知らせいたします。

「SWAMP」は、全国350店舗以上(2016年8月25日現在)に設置したbeacon(※1)端末を活用し、領域限定コンテンツの提供を可能にするアプリディベロッパー向けサービスです。アプリディベロッパーは自社アプリに「SWAMP SDK」を導入するだけで、『エリア(領域)』に特化したコンテンツ提供・測定が可能になり、オンラインとオフラインを連動させた、ユーザーの活性化・新規ユーザー獲得が期待できます。

このたびの連携により、「F.O.X」と「SWAMP」を導入している広告主は、「SWAMP」経由でアプリをインストールしたユーザーの計測だけでなく、その後のLTV(※2)計測およびアクセス解析まで「F.O.X」で実施することが可能になりました。「SWAMP」と連携している効果測定ツールは、「F.O.X」が初となります。


[画像2: リンク ]

当社は今後も、スマートフォンを軸とした様々なプロモーション支援に取り組み、問題解決・効果向上を目指してまいります。


※1 beaconはbluetooth LEを用いアプリや専用端末が特定のIDを0.1秒~数秒間隔で周りに発信し続けることで、リアルな場所にアプリで測定可能な『エリア(領域)』を作ることが出来る技術です。
※2 LTV(Life Time Value)とは、課金・会員登録などユーザーのアクション累積のことを示します。


■ 「Force Operation X」について
2011年2月に国内で初めてスマホアプリ向け広告効果計測を実現し、Facebook社の「Facebook Marketing Partners」や、Twitter社公式プログラム「Twitter Official Partners for MACT」に認定されるほか、iAdやLINEなど国内外における主要メディアとの連携数は世界最大級を誇ります。広告主導入タイトル数は全世界4,000アプリを突破し、多言語対応はじめ、各国・地域の特性に応じた機能のローカライズも実現しています。

■ 会社概要
社名   :株式会社CyberZ  リンク
所在地 :東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティ16階
設立   :2009年4月1日
代表者 :代表取締役社長 山内 隆裕
事業内容 :スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業

■ リリースに関するお問い合わせ
株式会社CyberZ 広報担当:高井
E-mail: press@cyber-z.co.jp Tel:03-5459-6276

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。