logo

ネットワンシステムズ、オンプレミスとクラウドを安全・多機能・高性能に接続し、クラウドシフトを加速させる「クラウドHUBサービス」を提供開始


 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下 ネットワンシステムズ)は、オンプレミスとクラウドを安全・多機能・高性能に接続し、お客様のクラウドシフトを加速させる「クラウドHUBサービス」を本日より提供開始します。主な販売対象は大規模企業・官公庁・自治体です。目標売上は3年間で10億円です。

 現在、ビジネスの迅速性とコスト効率性を高めるため、オンプレミスとクラウドを組み合わせるハイブリッド環境の検討が急速に加速しています。ここで多くお客様から頂いているご要望は、オンプレミスとクラウドを接続するネットワーク部分のセキュリティ担保、および、ハイブリッド環境を考慮したオンプレミス環境のネットワーク設計です。
 しかし、従来型のアーキテクチャである、オンプレミス環境のデータセンターを外部とのネットワーク接続点(HUB)にする形では、クラウドとの接続におけるネットワークのセキュリティや性能の維持・向上に対して運用負荷や投資が多く必要になるという課題があります。

 「クラウドHUBサービス」は、新しいネットワークアーキテクチャでこれらの課題を解決し、オンプレミスと複数のクラウドを安心・安全に接続するものです。本サービスは、新しいネットワーク接続点(クラウドHUB)を設け、そこでマルチクラウドとの閉域網接続機能・セキュリティ機能・セキュアコロケーション機能を提供することで実現しています。

※概要図は以下のURLをご参照ください。
リンク

 具体的には、各クラウドとの専用線をもつデータセンター内に本サービス用の設備を設けることで、Amazon Web Services / Microsoft Azure / Office 365(予定)をはじめとしたマルチクラウドとの閉域網接続機能、および、WANやインターネットとの接続機能を提供します。
 そして、高度・豊富な各種セキュリティ機能として、次世代ファイアウォール / 次世代IDS・IPS / 認証 / マルウェア検出 / プロキシ / ログ収集・分析などを提供します。これに加えて、セキュアな環境でのコロケーション機能も備えることで、お客様個別の要望にも対応可能な環境を提供します。本サービスはマルチキャリアで利用可能で、マルチクラウドを活用することが可能です。

 これらの機能に加えて「クラウドHUBサービス」では、ネットワンシステムズが昨年来提供開始している新サービス群も連携します。「クラウド管理型SD-WANサービス」による柔軟・迅速・安全な拠点接続、「DIMS(Device Information Management Service)」によるオンプレミス環境の機器設定情報やログ情報の自動管理などが利用可能です。

 「クラウドHUBサービス」を利用することによってお客様は、最新のセキュリティと統一したポリシーの下、複数のクラウドへの閉域網接続を実現することで、クラウドシフトを加速可能になります。さらに、サービス型のため、クラウドの利用量増減に応じて帯域幅を柔軟に調整可能で、セキュリティアップデートの運用負荷を削減することができます。

 ネットワンシステムズは、「クラウドHUBサービス」の提供に加えて、お客様のオンプレミス環境においてもハイブリッド環境を考慮したネットワーク構成やクラウド基盤の構築を支援することで、クラウド環境全体を最適化します。

 なお、今回提供開始する機能はAmazon Web Services / Microsoft Azureとの閉域網接続機能で、10月にコロケーション機能 / インターネット接続機能 / SD-WAN連携 / DIMS連携、12月にCASB(Cloud Access Security Broker)機能 / 各種セキュリティ機能を追加します。今後、データ分析基盤やデータストレージの提供など、機能を順次拡大する予定です。

 また、この度の発表に際し、日本マイクロソフト株式会社 パートナービジネス推進統括本部 業務執行役員 統括本部長 浅野 智 様より以下のコメントを頂いております。
 「日本マイクロソフトは、ネットワンシステムズ様のMicrosoft AzureおよびOffice 365に対応した『クラウドHUBサービス』の提案開始を心より歓迎いたします。ネットワンシステムズ様は、ネットワークに対する深い理解と経験に基づき、常に世界最先端のネットワーク技術をお客様に提供されています。当社は『革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する』ことを目指し日本での事業を進めておりますが、今回の取り組みは、クラウドとデバイスを安全かつ信頼性の高いネットワークでつなぐことで、日本のお客様のデジタルトランスメーション推進に大きく貢献するものと確信しております。」


<ネットワンシステムズ株式会社について>
ネットワンシステムズ株式会社は、お客様の情報インフラを最適化することで戦略的な情報活用を促進し、ご導入頂くお客様の先のお客様への貢献も見据えて支援する企業です。そのために、常に世界の最先端技術動向を見極め、その組み合わせを検証して具現化するとともに、実際に自社内で実践することで利活用のノウハウも併せてお届けしています。
(設立:1988年2月、売上高:1,451億80百万円〔2016年3月期連結〕)
詳細は www.netone.co.jp をご覧ください。

※ 記載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です

<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>
ネットワンシステムズ株式会社 広報・IR室:西田武史
Tel:03-6256-0616 / E-mail:media@netone.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事