logo

Keystone Aniline Corporationが英国の顔料合成技術企業CSSを買収

Keystone Aniline Corporation 2016年08月25日 10時18分
From 共同通信PRワイヤー

Keystone Aniline Corporationが英国の顔料合成技術企業CSSを買収

AsiaNet 65436(1021)

【シカゴ(米イリノイ州)2016年8月25日PR Newswire=共同通信JBN】工業用着色剤市場のグローバルリーダーであるKeystone Aniline Corporationは25日、英国のマンチェスターにあるColour Synthesis Solutions Limited(CSS)を買収したと発表した。

Keystoneのジョン・アンドリューズ最高経営責任者(CEO)は「当社のサービス・プラットフォームにCSSのカスタム化された染料合成技術と研究上の専門知識を組み込むことによって、われわれは染色化学の水準をさらに引き上げることができる。当社のクライアントは今後、染料開発、合成ルート、本格的な商業化が全てそろったソリューションを全面的に利用することができる。今回の提携は、当社の成長計画をサポートするだけでなく、最も重要なことには当社が世界の技術的、科学的リーダーシップの地位を獲得する努力へのサポートになることである。この革新的な組織をわれわれの企業ファミリーに加えることができて大変喜んでいる」と語った。

CSSの創業者であるジョン・テーラー博士は「われわれは当社の社風と専門知識を併せ持ち込む機会を得て興奮している。今回の買収は当社事業の拡大をもたらす一方、われわれにとって極めて重要である大切なクライアントと緊密に連携できるようになる」と語った。

CSSの事業は即日、Keystone Aniline Corporationの全額出資子会社である英国のハダースフィールドにあるKeystone Europeの事業に統合されることになる。Colour Synthesis Solutions(CSS)はマンチェスターにとどまり、自社企業名とブランド名を保持する。

▽Keystoneについて
1920年以来、Keystoneは一貫して色彩によるイノベーションを唯一の課題として取り組んできた。同社が開発する染料、色素、色素拡散、ポリマーはさまざまな市場で多数のアプリケーションに利用されている。同社は一貫して可能性を追求し、世界展開する同社オフィスから顧客の複雑な色彩関連の課題を解決している。

▽Colour Synthesis Solutionsについて
Colour Synthesis Solutions Limitedは2006年に創設され、着色・非着色ファインケミカルおよびカスタムメードの化学サービスの有力プロバイダーである。染料と反応中間体のカスタム合成からプロセス・リサーチまで、同社は多数の異なる分野の業界の企業が化学研究で成功することを支援する。

ソース:Keystone Aniline Corporation

▽問い合わせ先
Christine Brack
Global Marketing Director
Keystone
c.brack@dyes.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事