logo

マリー・アントワネットをイメージしたスペシャルメニュー ~ グランド ハイアット 東京 2016 Autumn ~

グランド ハイアット 東京 2016年08月24日 11時09分
From Digital PR Platform


都会の喧騒にそびえ立つダイナミックなラグジュアリーホテル、グランド ハイアット 東京(東京都港区、総支配人: スティーブ ディワイヤ)は、マリー・アントワネットをイメージしたスペシャルメニューをオールデイ ダイニング「フレンチ キッチン」にて2016年10月1日(土)よりご用意いたします。10月25日(火)より開催される『ヴェルサイユ宮殿 マリー・アントワネット展』(森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ 森タワー 52階)とともにお楽しみいただけます。

マリー・アントワネットが食したといわれる秘伝のレシピをホテルに特別にご提供いただき、デザートの一部に再現したアフタヌーンティーや、伝統的なフランス料理をマリー・アントワネットをイメージして現代風にアレンジしたスペシャルコースをご用意いたします。さらに、2016年8月末にリニューアルオープンするイベントスペースでは、マリー・アントワネットをイメージした食事や装飾をお楽しみいただける一晩限りのディナーパーティーも開催いたします。

マリー・アントワネットのように優雅で華やかなひと時を、グランド ハイアット 東京でお過ごしください。

■フレンチ キッチン (2階 オールデイ ダイニング)
●特別に再現したスイーツやヴェルサイユ宮殿で収穫された林檎やバラをつかった紅茶!
伝統的なビストロ料理をスタイリッシュにアレンジしたオールデイ ダイニング「フレンチ キッチン」では、マリー・アントワネットが食したといわれている秘伝のレシピをホテルに特別にご提供いただき、デザートメニューの一部に再現した「マリー・アントワネット アンティークケーキ」などをご用意するアフタヌーンティーが登場いたします。また、セットの紅茶には、マリー・アントワネットが過ごしたヴェルサイユ宮殿の王の菜園で摘み採られた新鮮な林檎とバラをつかいセイロンティーに香りづけしたニナス(NINA’S)の紅茶「オリジナル マリー・アントワネット ティー」をお楽しみいただけます。

マカロン、フィナンシェ、ストロベリーケーキ、日替わりケーキのスイーツアイテム4種と、フィンガーサンドイッチ、キッシュ、スモークサーモンなどセイボリーアイテム4種とともにお楽しみください。

提供期間: 2016年10月1日(土) ~ 2017年2月28日(火)※クリスマス期間、年末年始は除きます。
提供時間: アフタヌーン 14:30 (土・日・祝 15:00) ~ 17:30

メニュー / 料金(税・サービス料別):
・マリー・アントワネット アフタヌーンティー 3,000円
- 「マリー・アントワネット アンティークケーキ」、マカロン、フィナンシェ、ストロベリーケーキ、日替わりケーキ、フィンガーサンドイッチ、キッシュ、スモークサーモン など
- ニナス(NINA’S)の紅茶「オリジナル マリー・アントワネット ティー」

■マリー・アントワネットをイメージした目にも華やかなスペシャルディナーコース!
マリー・アントワネットをイメージし、フランスの伝統的なレシピをロブスターやフォアグラ、国産牛のフィレ肉などの贅沢な食材で現代風にアレンジした特別メニューをご用意。さらに、ルビーグレープフルーツやパープルスイートポテトなどの彩り豊かな食材を使用することにより、マリー・アントワネットの華やかな世界観をお皿の上でもお楽しみいただけます。

提供期間: 2016年10月1日(土) ~ 2017年2月28日(火)※クリスマス期間、年末年始は除きます。
提供時間: ディナー 18:00 ~ 21:30

メニュー / 料金(税・サービス料別):
・マリー・アントワネット スペシャルコース 12,000円
- 鴨のリエット ルビーグレープフルーツ ビーツ フェンネル クルトン 胡桃ドレッシング
- ロブスタービスク ノイリープラットのカプチーノ仕立て
- サーモンコンフィ いくら ほうれん草 ブールブランソース
- 国産牛フィレ肉のロースト フォアグラ ポルチーニロースト コンフィエシャロット パープルスイートポテトピューレ トリュフソース
- ラズベリーマカロン ローズクリーム フロマージュブランシャーベット
- ニナス(NINA’S)の紅茶「オリジナル マリー・アントワネットティー」

◆「マリー・アントワネット スペシャルメニュー」限定特典
10月25日(火)~11月7日(月)の期間中毎日、「マリー・アントワネット アフタヌーンティー」および「マリー・アントワネット スペシャルコース」をご注文いただいたそれぞれ先着10名様(各日合計20名様、期間中合計280名様)に『マリー・アントワネット展』の観覧券をプレゼントいたします。マリー・アントワネットをイメージしたアフタヌーンティーやディナーとともに、マリー・アントワネットの世界観をぜひお楽しみください。

WebサイトURL:リンク
店舗情報: 「フレンチ キッチン」 03-4333-8781(直通)
      〒106-0032東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京 2階


■マリー・アントワネット特別ディナー (2階 イベントスペース「ドローイングルーム」)
●マリー・アントワネットの世界観をテーマにした一夜限りのディナーパーティー!
マリー・アントワネットをイメージし、シェフが特別にご用意するお料理とその世界観をお楽しみいただける一夜限りのディナーパーティー「マリー・アントワネット特別ディナー」を、2016年10月26日(水)に50名様限定で実施いたします。

会場は、友人の邸宅を訪れたようなあたたかみ溢れる雰囲気に包まれ、ゆったりとしたスタイリッシュなイベントスペースへと2016年8月末にリニューアルオープンする「ドローイングルーム」。当日は、マリー・アントワネットが食したといわれる秘伝のレシピをホテルに特別にご提供いただき再現したデザートもお楽しみいただけるほか、ドレスコードを“サムシング ローズ”とさせていただき、ゲストの皆さまにはバラをイメージしたアイテムを身に着けてご参加いただきます。また、『マリー・アントワネット展』の観覧券や、ヴェルサイユ宮殿の王の菜園で摘み採られた 新鮮な林檎とバラをつかいセイロンティーに香りづけしたニナス(NINA’S)の紅茶「オリジナル マリー・アントワネット ティー」、「CHICCA(キッカ) メスメリック リップスティック」のマリー・アントワネットのように華やかでエレガントな“レッドローズ”のリップなどのギフトもご用意いたします。

さらにこのディナーパーティーでは、展覧会を記念に出版された『美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯』(NHK出版)を執筆された作家 中野京子氏をゲストスピーカーにお招きし、マリー・アントワネットの魅力についてお話しいただきます。マリー・アントワネットが辿った人生についてより深く学ぶことができます。

■日   時: 2016年10月26日(水)19:00 ~ 21:10 (受付開始18:30)
■会   場: グランド ハイアット 東京2階 「ドローイングルーム」
■料   金: 20,000円(税・サービス料込)
■募集人数 : 50名様
■ドレスコード:サムシング ローズ
バラをイメージしたアイテムを身に着けてお越しください。
■お申込み : 公式Webサイト オンラインショップよりお申込みください。
        リンク

■スケジュール:
18:30 受付開始
19:00 オープニングスピーチ
19:10 ディナースタート
20:10 中野京子氏 講演会スタート
20:55 質疑応答
21:10 終了

■ギフト:『ヴェルサイユ宮殿 マリー・アントワネット展』観覧券、オリジナルグッズ、ニナス(NINA'S)「オリジナル マリー・アントワネットティー」ベビーティーバッグ ミニボックス、CHICCA(キッカ) メスメリック リップスティック(レッドローズ)
■お問い合わせ:03-4333-8838(グランド ハイアット 東京 イベント部 受付時間: 平日10:00 ~ 19:00)
■協力:森アーツセンターギャラリー、日本テレビ放送網、ペルノ・リカール・ジャパン、ニナス インターナショナル、カネボウ化粧品CHICCA

◆ゲストスピーカー
中野 京子(なかの・きょうこ)
作家・ドイツ文学者。
著書に『「怖い絵」で人間を読む』(生活人新書、NHK出版)、『「絶筆」で人間を読む』(NHK出版新書)、『残酷な王と悲しみの王妃』(集英社文庫)、『怖い絵』シリーズ(角川文庫)、『名画の謎』シリーズ(文藝春秋)、『ヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット 運命の24時間』(文春文庫)、新刊に、『新 怖い絵』(角川書店)、翻訳にツヴァイク『マリー・アントワネット』(角川文庫)。
筆者ブログ「花つむひとの部屋」 リンク

◆ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワネット展
グランド ハイアット 東京が位置する六本木ヒルズ内 森タワー52階の森アーツセンターギャラリーで、2016年10月25日(火)~2017年2月26日(日)の期間に開催される展覧会。ヴェルサイユ宮殿が所蔵する絵画、愛用した食器や家具のほか、革命期の資料など200点あまりでフランス王妃の生涯を辿ります。さらに当時使われていた家具などとともにマリー・アントワネットのプライベート空間を原寸大で再現するという史上初の試みも登場します。
会 期: 2016年10月25日(火) ~ 2017年2月26日(日)
会 場: 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー 52階)
展覧会公式HP: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事