logo

「G7北九州エネルギー大臣会合」開催による経済波及効果等について(報告)

北九州市役所 2016年08月23日 15時50分
From 共同通信PRワイヤー

平成28年8月23日

北九州市役所 リンク

今年5月に開催された「G7北九州エネルギー大臣会合 リンク」に伴う経済波及効果等は
約9.3億円!!
北九州市最大級の国際会議を振り返る!

先月14日、市議会経済港湾委員会において、5月に開催した「G7北九州エネルギー大臣会合 リンク」に伴う経済波及効果及びパブリシティ効果の合計が、約9.3億円にのぼるとの調査結果を報告しました。
詳細は以下のとおり。
「経済波及効果」:3億9522万円
 (内訳)直接効果 2億3489万円
          (会合運営経費、参加者の宿泊や飲食等にかかる費用など)
     間接効果 1億6033万円
          (直接効果に誘発されて生じる食材調達費など)
「パブリシティ効果」:5億3901万円
          (マスコミ、インターネットなどによる818件の報道を広告費換算)
合計 9億3423万円(調査は山口フィナンシャルグループ傘下の「北九州経済研究所」による。)

この「G7北九州エネルギー大臣会合 リンク」の開催に伴い、G7各国の参加者や国内外からの報道陣などおよそ400人が本市を訪れ、街なかでは関連イベントも催されるなど、市を挙げての一大イベントとなりました。会合初日に開催された「歓迎レセプション」は、各国代表団をはじめ関係者200人が参加し、伝統工芸の小倉織による会場装飾や地元の食材を用いた料理など、北九州の魅力が詰まった「おもてなし」の場となりました。また、林 前経済産業大臣が議長を務めた本会合では、「グローバル成長を支えるエネルギー安全保障」の大きなテーマのもと、
(1)エネルギー投資の促進
(2)エネルギー安全保障の強化
(3)持続可能なエネルギー
について各国・機関の代表が議論を深めました。
最後に共同声明「グローバル成長を支えるエネルギー安全保障のための北九州イニシアティブ リンク」が採択され、2日間の会合は終了。なお、この共同声明には、地元の学生たちが研究・討議したユースエネルギーサミット(YES)北九州の開催成果などが盛り込まれています。

北九州市では今年11月に「第2回 世界獣医師会-世界医師会“One Health”に関する国際会議 リンク」の開催が予定されております。大臣会合に続く大規模国際会議の成功に向け、引き続き準備を進めてまいります。

<G7北九州エネルギー大臣会合>
→北九州市HP リンク
→経済産業省HP リンク
→経済産業省 資源エネルギー庁HP リンク
→外務省HP リンク
→フォトギャラリー リンク














本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事