logo

神戸市が日本初のふるさと納税クラウドファンディングで震災支援のシェアリングエコノミー型ソーシャルビジネスTebura(手ぶら)をサポート。

株式会社セームページ 2016年08月23日 15時09分
From PR TIMES

8月22日より神戸市が、弊社手ぶら観光事業などのスタートアップ支援としてふるさと納税クラウドファンディングで寄付金募集を開始しました。

Tebura(前名称LuggageBaggageNinja)は、インバウンド個人旅行者の手ぶら観光を実現するサービス。Tebura(手ぶら)を使うと、観光地で旅行者がロッカーや手荷物預け場所をサイト上からすぐに探せます。





9月1日から寄付受付開始となります。
[動画: リンク ]



ふるさと納税クラウドファンディングプロジェクトページ
訪日インバウンド旅行者に、坂の街神戸をもっと楽しんでもらおう! by 株式会社セームページ | NPO活動を支援する | ファンドレイジングサイト JapanGiving(ジャパンギビング)
リンク

サービスURL
Tebura リンク

[画像1: リンク ]


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]


寄付(ふるさと納税)募集概要
募集期間:平成28年9月1日~平成29年11月中旬(予定)
(スタートアップオフィス第2期プログラム期間)
※第3期プログラムも実施予定
募集サイトURL:リンク

※Teburaの売上の一部は、熊本震災のプロジェクトに寄付されるソーシャルビジネスです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事