logo

Globosat社、リオ五輪のライブIPメディア・プロダクションにテクトロニクス製品を採用

テクトロニクス 2016年08月23日 10時48分
From Digital PR Platform


報道発表資料翻訳
2016年8月23日

[2016年8月17日 米国オレゴン州ビーバートン発]
テクトロニクスは、南米最大、ブラジル大手の有料テレビ事業者であるGlobosat社が、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで開催された2016年夏季オリンピック大会のライブIPメディア・プロダクションにおいて、テクトロニクス製品を採用したことを発表しました。これは、南米におけるこの規模のライブ・プロダクションでの初のIP使用となります。

2016年五輪において世界規模の番組制作を行うGlobosat社は、衛星で16のリニア・チャンネル、インターネットで56チャンネル以上を計画しており、16の制作チャンネル、40チャンネルのオーディオ環境になります。

この大きなネットワーク・インフラの中核となるのがテクトロニクスの2台のSPG8000A型マスタ・シンク/PTPグランドマスタ・クロック・ゼネレータであり、SDIベース、IPベースの両方におけるメディア・インフラをサポートします。この他にも、2台のPrism IP/SDIメディア・アナライザが採用されており、SDIとIPの両タイプの信号について相関と診断するための、ユニークな機能が装備されています。

Globosat社のエンジニアリング・ディレクタであるLourenço Carvano氏は、次のように述べています。「オールIPベースのインフラは、リオ五輪以降も継続されます。しかし、当社はこの非常に重要なイベントにおいて、IPネットワーク技術の特長を最大限に利用したいと思いました。テクトロニクスの協力により、SDI/IPのハイブリッド環境がサポートでき、低コストで高品質な放送を視聴者に提供できます」

放送業界は、革新的なオールIPインフラへの移行を開始したばかりです。しかし、既存のテクノロジーとワークフローへの大きな投資は、この移行が段階的に行われることを意味します。このために、PrismやSPG8000Aのように複合型SDI/IP環境をサポートすることができるテストとモニタリング・ソリューションは、ますます必要性を増すでしょう。

テクトロニクス、ビデオ・プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのチャーリー・ダン(Charlie Dunn)は、次のように述べています。「IPベースのインフラを使用した五輪番組制作は、非常に大きな努力が必要になります。テクトロニクスは、2014年FIFAワールドカップなどの大きなイベントを通じてGlobosat社と協業してきましたが、Globosat社は視聴者に対して常に優れた映像を提供しています。IP/SDIのハイブリッド環境をサポートするために設計されたソリューションを提供することで、Globosat社は最新のIP技術の特長を生かすことができ、最適な放送品質の競技番組を世界中に提供することが可能になります」


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com


<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク


<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。