logo

Patricia Industries、カナダ医療技術会社LABORIEを新子会社に

LABORIE 2016年08月22日 16時10分
From 共同通信PRワイヤー

Patricia Industries、カナダ医療技術会社LABORIEを新子会社に

AsiaNet 65433(1023)

【トロント2016年8月19日PR Newswire=共同通信JBN】Investor ABの傘下にあるPatricia Industriesは、カナダの医療技術会社LABORIEを買収することでAudax Private Equityとの契約に調印した。LABORIEは数百万人の日々の生活に影響する泌尿器系・消化器系障害の診断と治療が専門。1967年の創業から組織を拡大し、企業買収によって尿流動態検査の資本設備メーカーから、泌尿器系および急拡大する消化器系市場で市場をリードする総合的な医療機器メーカーに成長した。LABORIEはアセットライトで魅力的なビジネスモデルを持ち、特許保有の消費財の販売による売上高の比率が高い。そのグローバルな製造・開発・販売能力は、中核および近接市場と新地域での組織的かつ非組織的な拡大を通して成長の堅固な基盤を築き、診断機器から治療機器へと進出している。同社は現在の経営陣が一部株式の保有を続け、引き続き経営に携わる。

LABORIEはPatricia Industriesにとって最新の買収企業となる。Patricia Industriesが抱える優良成長企業にはMolnlycke Health Care、Permobil、Aleris、BraunAbilityなどヘルスケア企業が含まれる。

LABORIEの2016年度(2016年3月期)売上高は1億1700万ドルで、利益率が高かった。買収価格などそのほかの財務情報は買収手続きの完了後に発表される。

Investor ABのヨハン・フォルセル最高経営責任者(CEO)は「LABORIEはPatricia Industriesに加わる強力な企業である。北欧と北米で100%子会社を増やすという当社の戦略で新たな一歩である」と語る。

LABORIEの買収は2015年創業のPatricia Industriesとしてはカナダで初めての買収で、北米では2番目。LABORIEはニューヨーク事務所が管理する新子会社になる。

Patricia Industriesのボルジェ・エークホルムCEOは「LABORIEはおびただしい数の人々の生活の改善を助ける診断機器で高い評価を受ける優良企業への成長に成功した。その社風と価値観はPatricia IndustriesとInvestor ABにぴったりと調和する。わが社のヘルスケア製品とサービスの実績とグローバルなネットワークから見て、Patricia IndustriesはLABORIEのさまざまな分野でさらなる成長を支援できる態勢が整っていると確信する。LABORIEのひたむきな経営陣や社員と協力し、顧客と社員、株主のために同社の地位をさらに高めることにまい進したい」と話した。

LABORIEのブライアン・エラコット社長兼最高経営責任者(CEO)は「当社は次の成長段階に向けてPatricia Industriesと手を結べたことに喜んでいる。LABORIEは泌尿器と消化器障害に苦しむ患者の生活の質(QoL)の改善に努めるグローバルリーダーだ。今回の投資によって当社は、世界的な拡大を続けられるだけでなく、市場で革新的な新製品を開発・発売し、患者の改善につなげることができる」とコメントした。

買収は関連独占禁止当局の承認を得る必要がある。手続きは2016年第3四半期中に完了する見通し。

Investor ABの傘下にあるPatricia Industriesは、市場で確固たる地位を占め、そのブランドと社風によって業界内で長期成長へ向かう優良企業への支配的投資を進めている。強力な経営陣と取締役会を持つ企業群の単独オーナーになることを目指してわが社は長期投資し、永続的な価値の構築と、組織的・非組織的成長の機会をとらえることに務めている。

LABORIEは業界をリードするメーカーで、骨盤治療や胃腸の機器と消費財のサプライヤー。1967年の設立以来、世界中の患者により良い診断・治療結果をもたらす革新的で完全なソリューションの提供にコミットしてきた。詳しい情報はwww.laborie.com まで。LABORIEは現在Audax Private Equityの傘下企業。

Audax Private Equityは1999年の創業以来、有力なミドルマーケット(中堅)企業の構築に特化してきた。これまでに99のプラットフォーム企業と498のアドオン企業に35億ドル以上を投資した。同社の厳格なBuy & Buildアプローチを通じて、Audax Private Equityはプラットフォーム企業が売上高を大幅に伸ばし、事業を最適化し、株式価値を飛躍的に高めるアドオン買収を実行することを支援する。Audax Private Equityは、ミドルマーケット企業への投資に特化した代替資産運用会社であるAudax Groupの中心企業。Audax Groupはボストン、ニューヨーク、メンロパークにオフィスがあり、プライベートエクイティやメザニン債、シニア債の事業で100億ドル以上の資産を運用している。詳しい情報はウェブサイトwww.audaxgroup.com まで。

ウォーレンバーグ家が100年前に創業したInvestor ABは、北欧を本拠とする優良国際企業の大手オーナー会社。広範な産業参画と事業実績、ネットワーク、強力な資金力によって傘下の企業群を一流に育て上げている。傘下企業にはAtlas Copco、SEB、ABB、エリクソン、Molnlycke Health Careなどがある。プレスリリースはwww.investorab.com まで。

ソース:LABORIE

▽問い合わせ先
Stefan Stern
Head of Corporate Relations
Sustainability and Communications
Phone +46-8-614-2058, +46-70-636-7417

Magnus Dalhammar
Head of Investor Relations
Phone +46-8-614-2130, +46-735-24-2130

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事