logo

春秋航空日本の成田-新千歳、新規就航に伴い新券種取扱い開始 ~システム(API)連携によりスプリングプラスを追加販売開始~ ~販売増に向け、営業協力も合意~

株式会社エボラブルアジア 2016年08月22日 15時30分
From PR TIMES



 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、春秋航空日本株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役:鵜飼 博、以下、Spring Japan)の取扱い券種を追加いたしました。

 従来から、当社はSpring Japanと認可代理店契約を締結し、また国内航空券予約サイトにて2016年1月20日よりシステム(API)連携を開始しており、スタンダードタイプの「スプリング」のみの国内航空券を販売しておりましたが、この度、Spring Japanが本年8月20日より成田-新千歳間を、新規就航をした事に合わせて、「スプリングプラス」という運賃タイプの販売を開始いたしました。「スプリングプラス」は、スタンダード運賃タイプの「スプリング」より、受託手荷物許容量が10kg多く、変更・払戻し可能期間が「スプリング」より1週間長くなっております。また、欠航または6時間以上の遅延か゛発生した際に、見舞金をお支払いする「遅延欠航補償」を付帯しており、利便性の高い運賃タイプとなります。

■今後の事業展開の内容
 成田-新千歳路線は、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、Peach Aviationが就航する路線であり、Spring Japanが就航することにより、LCC4社が競合する路線となり、同路線のLCC航空券販売はより加熱する事が予想され、同路線の販売も強化してまいります。
 今後は国際線の取り扱い、他社LCCの運賃タイプの取扱拡大など、販売する航空券の種類拡大を予定しております。また、訪日旅行事業において、国際線からの乗り継ぎ需要の取り込みを目指し、民泊利用者への交通手段として展開いたします。

 当社は、国内航空券を主軸に旅行商材の比較サイト運営、旅行コンテンツのOEM提供、旅行商材の卸売、法人向け出張サービスの提供や、訪日旅行事業等を行う、国内航空券販売最大手の日系OTAです。

[画像1: リンク ]


■Spring Japanとは
 中国初の民間LCCである春秋航空股分有限公司のグループ会社として2012年9月7日に発足いたしました。成田空港を拠点とし、2014年8月1日に定期国内線を就航し、現在、成田=広島、成田=佐賀を毎日運航、又、2016年2月13日より武漢、重慶に定期国際線を就航しております。
 本年8月20日より成田-新千歳間の就航が開始され、更なる利用客増加が見込まれます。

 今後も当社はSpring Japanとの連携をさらに深め、より良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。

■業績へ与える影響
平成28年9月期の当社の業績へ与える影響は軽微です。


[画像2: リンク ]

【株式会社エボラブルアジア】
本社 :東京都港区芝3-5-5 芝公園ビル6階
社名 :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:1,018,516千円(払込資本 1,842,032千円)
URL:リンク

【当社サービスサイト】
綜合旅行販売サイト TRIP STAR     :リンク
国内航空券予約サイト 空旅.com     :リンク
BTM(ビジネストラベルマネジメント)事業 :リンク
ITオフショア開発事業        :リンク
【当社IRサイト】    :リンク


[画像3: リンク ]

【春秋航空日本株式会社】
本社 :千葉県成田市公津の杜4丁目11番2号
社名 :春秋航空日本株式会社 (Spring Airlines Japan Co.,Ltd.)
代表者 :代表取締役 鵜飼 博
資本金 :114億円
URL :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事