logo

株式会社デジカは New Relic との協業を発表。日本のソフトウェア分析分野の発展を目指す。

株式会社デジカ 2016年08月19日 14時00分
From ValuePress!

2016年8月19日 – 株式会社デジカ(社長:ジャック・モモセ、本社:東京都武蔵野市)は、日本におけるソフトウェア分析分野の向上を目指し、ソフトウェア分析のリーデイングカンパニーである New Relic, Inc. とのパートナープログラムへの参加に合意したことを発表いたします。この提携により、日本での New Relic 製品の普及、日本円での銀行振込への対応、導入サポートなどを展開していきます。


[資料: リンク ]


2016年8月19日 – 株式会社デジカ(社長:ジャック・モモセ、本社:東京都武蔵野市)は、日本におけるソフトウェア分析分野の向上を目指し、本日、ソフトウェア分析のリーデイングカンパニーである New Relic, Inc. とのパートナープログラムへの参加に合意したことを発表いたします。

株式会社デジカは New Relic パートナー プログラムの一員として顧客に New Relic Software Analytics Cloud を提供していきます。このサービスをご利用いただくことで、アプリケーションのパフォーマンスや顧客エンゲージメントの監視を可能し、データを通じてビジネスを成功へと導きます。New Relic の利用により、企業はより品質の良いアプリケーションをより速く開発できるようになります。そして、ビジネス担当及び開発者それぞれが、開発・運用するソフトウェアのデータからソフトウェア及びそれを用いたビジネスを次の段階へ進むための実用的な情報が確認できるようになります。

デジカのバイスプレジデントである岩永は「株式会社デジカは New Relic と提携し、最高レベルのソフトウェア分析サービスをお客様にお届けします。New Relic の製品群は、お客様のソフトウェア品質向上にとって非常にパワフルなツールです。その上、ビジネスに重要なデータもリアルタイムに収集し、わかりやすいチャートで有益な情報を表示します。デジタルビジネスを行うあらゆる企業にとって、データ主導型のビジネス決定を行うための最適なツールとなっています。」と述べています。

「New Relic は株式会社デジカと提携し、ソフトウェア分析能力をお客様にお届けできることを光栄に思います。この提携は、New Relic があらゆる規模の企業に提供する、データを通じたより良いソフトウェア構築、および意思決定のための支援への取り組みの基盤となります。」と New Relic ビジネス開発部、シニアバイスプレジデントの John Gray 氏は述べています。

【デジカの取り組み】
Komoju をお使いのお客様に Degica x New Relic (リンク) にて New Relic の日本円での銀行振り込み、請求書発行、導入サポートを行います。ドキュメントの翻訳も リンク にて公開しています。また、New Relic のワークショップも随時開催しています。スケジュールや応募に関しては、リンク より確認ください。

【New Relic, Inc. について】
アメリカのサンフランシスコに拠点を置くソフトウェア分析会社です。13,000 以上の有料顧客がおり、Web アプリケーションのみならず、ブラウザのモニタリング、モバイルアプリケーションなどをリアルタイムにデータ分析を行える SaaS モデルのプラットフォームサービスを提供しています。New Relic は、企業のアプリケーションのパフォーマンスの改善のみならず、快適なカスタマー体験の実現及び、ビジネスの成功を支援します。

【株式会社デジカについて】
eコマースソリューションのリーディングプロバイダーです。国内外の100を超えるパートナーと提携し、2,000を超える PCアプリケーションやゲームを中心に様々なデジタルコンテンツを全世界のお客様へ提供しています。また、弊社独自の決済サービスである Komoju (コモジュ) の開発、運営を行い、日本や海外のお客様に、日本の主要な決済手段を簡単に導入できる API も提供しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。