logo

第4回「カルローズ」料理コンテスト 結果発表!一般レストラン部門とデリ部門(新設)の最優秀賞が決定

USAライス連合会 2016年08月18日 16時40分
From Digital PR Platform


アメリカ産のおコメに対する認知と理解の促進を図るために販促・PR活動を展開しているUSAライス連合会日本代表事務所(本部:米国バージニア州)は、カリフォルニア産の中粒種「カルローズ」を使用した、第4回「カルローズ料理コンテスト2016」の最終審査を8月17日に実施、各部門の最優秀賞と優秀賞が決定しました。

本年は“マリアージュ~食材を生かすカルローズ“を共通のテーマとし、従来のレストラン部門に加え、デリ部門を新設し、カルローズの「食材」としての可能性をさらに広げた内容でメニューを募集いたしました。レストラン部門156点、デリ部門74点のオリジナリティ溢れる作品の中から一次審査を通過したファイナリスト14名【レストラン部門6名/デリ部門8名】が最終実技審査に進み、プレゼンテーションを実施いたしました。また、学生部門は394点の応募の中から、書類審査によって3名の優秀賞を決定、3部門の結果発表と表彰式は同日、審査会場の東京ガスショールーム「厨BO!SHIODOME」(東京都港区)で 行われました。

結果は以下の通りです。

――――――――――――――――――――――
【一般レストラン部門】 (応募総数:156作品)
――――――――――――――――――――――
●最優秀賞
「食べる冷製スープカルローズ 冷汁のイメージで...」
野口達哉/(株)近鉄・都ホテルズ シェラトン都ホテル東京 料飲部 ロビーラウンジ
郷土料理の冷汁をフレンチ風に表現、冷たいカルローズとコンソメのような味噌汁のジュレと具材を混ぜ合わせた斬新な作品

●優秀賞
「鶏手羽先のカルローズ詰め スパイシーカルローズと共に」
岩竹宏宣/ホテルモントレ ラ・スール大阪 中国料理 彩雲
広東料理をベースに、詰め物のコメの他、おこげ風のスパイシーカルローズを散らした2種類の食感

―――――――――――――――――――
【一般デリ部門】 (応募総数:74作品)
―――――――――――――――――――
●最優秀賞
「サーモンとカルローズのシチューポットパイ」
作田大介/(株)ディーンアンドデルーカジャパン 品川店
バターライスにしたカルローズとサーモンシチューをパイ生地の中にぎっしりと詰め込んだボリュームある一品

●優秀賞
「いわしのコンフィとカルローズ、蟹身のトマトリゾットの湯葉巻き」
北山匡彦/下鴨デリ
酢飯といわしの組み合わせと蟹トマトリゾットの2種類を京湯葉で手巻きずしのように仕上げた上品な味わい


■第4回「カルローズ」料理コンテスト2016■
リンク


<審査員総評>
今年で第4回を迎えた「カルローズ料理コンテスト」は、見た目にも美しい作品が揃いました。
カルローズの冷やしても美味しい、香りやオイルとの相性が良く、味が浸透しやすいという特長を存分に発揮した創意工夫が凝らされたメニューはどれも美味しく、甲乙付け難い内容となりました。

レストラン部門の最優秀「食べる冷製スープカルローズ 冷汁のイメージで…」は、冷汁というローカルフードをフランス料理にまとめるというアイディア自体も素晴らしく、カルローズの良さをおコメとして、また食材として最大限にアピールしています。

今年新設のデリ部門には、期待以上にクオリティの高い作品が集まりました。パッケージ、提供シーンやスタイル、持ち運びの良さや手軽さ、想定販売価格など、デリとしての特性が十分に考案されていました。最優秀賞「サーモンとカルローズのシチューポットパイ」はデリらしい分かりやすい作品で、おコメと具材とのバランスもとれており、作りたてはもちろん、テイクアウトして家庭で食べる時の味と状態についても考慮されていました。

審査員:
(株)ウェルカム/(株)ディーン アンド デルーカ ジャパン 取締役 総料理長 村上英寿氏、レストランオギノ オーナーシェフ 荻野伸也氏、(株)クーニーズ・アソシエ 代表取締役 青島邦彰氏、(株)柴田書店 浅井裕子氏、USAライス連合会
後援:アメリカ大使館農産物貿易事務所 


一般部門の最優秀賞受賞者には賞金20万円、優秀賞には賞金5万円、副賞としてカルローズ10kgを進呈、また最終審査に残った入賞者全員に賞状が授与されました。
また、学生部門は「ランチに食べたいワンプレートメニュー」のサブテーマに相応しい見た目にも鮮やかな3作品が優秀賞を受賞、受賞者には賞金3万円が贈られました。

――――――――――――――――――――――
【学生部門】優秀作品3点 (応募総数:394作品)
――――――――――――――――――――――
「カラフロールズ」
石川友利加/日本女子大学 食物学科食物学専攻

「カルローズ福岡プレート」
塩沢美香/平岡栄養士専門学校

「初夏:カルローズワンプレート~ロゼの香り~」
西平恵美子/赤堀フードコーディネータースクール


―――――――――――――――――――
■その他入賞者一覧
―――――――――――――――――――
【一般レストラン部門】
「3種のカルローズ 庭園仕立て」 釼持 龍一郎/(株)プリンスホテル グランドプリンスホテル高輪
「カルローズ米とクルミのアヒージョ」 村上 建司/(株)ダイヤモンドダイニング
「シーフードとカルローズを詰めたおこぜのロースト、サフラン風味のブイヨンを注いで」 池田 一/(株)ミリアルリゾートホテルズ アンバサダーホテル エンパイアグリル
「カルローズと発芽させた小麦 オーガニックレモンのシュクレサレ」 野地崎 祐輔/Restaurant Nori et Noji(レストラン ノリエノジ)


【一般デリ部門】
「カルローズスティック 焼リゾット」 草野 雅彦/(株)益正グループ
「ミャンマー風カルローズ入り肉団子の納豆カレーソース タミントゥ添え」 嶋倉 秀一/クワイエットカフェ
「うなぎとフォアグラのライスコロッケ、サフラン風味」 原田 博史/(株)ディーンアンドデルーカジャパン 有楽町店
「タコライスバーガー」 作山 夏美/(株)ディーンアンドデルーカジャパン 恵比寿店
「アンチョビとオリーブのチーズリゾット詰めオニオンフライ」 神藤 千穂/TESIO food&design
「夏野菜とカルローズのマセドワーヌサラダ」 渋谷 仁/メゾンイチ

-------------------------------------------------
カルローズはカリフォルニアのバラという意味の名前を持つ、カリフォルニア州オリジナルの中粒種です。
日本のおコメである短粒種とタイ米等で知られる長粒種の中間にあたり、双方の優れた点を持ち合わせ、軽い食感とアルデンテとも言える歯ごたえと、冷たくしても美味しいのが特長です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事