logo

次世代金融サービスを実装する『サイバーファイナンスラボ・プロジェクト』パートナー企業追加決定、プロジェクトのMeetupを開催

デジタルハリウッド大学大学院では、ICTとクリエイティブを活かした新たな金融関連サービス創出を支援する「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」を実施しています。
この度、本プロジェクトの技術支援パートナーとして3社に参加いただくことになりました。





 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、ICTとクリエイティブを活かした新たな金融関連サービス創出を支援する「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」を実施しております。
[画像1: リンク ]


 本プロジェクトでは、革新的な金融サービスの創出を志すビジネスパーソン、起業家、エンジニア、クリエイター、研究者/学生からなる開発チームに対し、約6か月間のインキュベーション・プログラムを提供し、実務への実装が可能な、サービスやクリエイティブのプロトタイプ制作を支援いたします。

(主な提供サービス)
1.実務家・研究者による金融実務・理論の教育とメンタリング
2.金融サービス開発に活用可能な、専門的なデータやAPI等各種ツールの提供
3.投資家や協業パートナー候補とのマッチング

 この度、本プロジェクトの技術支援パートナーとして、下記企業に参加いただくことになりました。
[画像2: リンク ]


【提供企業】
1.日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、取締役代表執行役社長:平野 拓也)
 提供内容 : スタートアップ支援プログラムBizSpark(クラウド環境・開発ツールやソフトウェアの無償提供)

2.SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉)
 提供内容 : SAS製品のライセンス提供

3.スマートメディカル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:柴崎 望)
 提供内容 : 音声気分解析技術Empath(R) API提供

(利用にあたっては各社が定める参加規約に同意し、規約に従って利用していただく必要があります)


【サイバーファイナンスラボ・プロジェクト Meetup】
日時:2016年8月22日(月) (開場19:15) 19:30~22:30
 ・プログラム概要ご紹介
 ・参加希望者によるショートピッチ
 ・スポンサー、技術パートナー、メンター等プロジェクト関係者ご紹介
 ・Meetup

お申込み方法:サイバーファイナンスラボ・プロジェクトへのお申込み・お問合せは、下記のWebページよりご連絡ください。
リンク

また、本プログラムに協力していただける外部企業様も引き続き募集しておりますので、ご関心をお持ちの企業様は本学までお問い合わせください。

これまでの本プロジェクトの連携研究機関およびアドバイザーについては、下記のプレスリリースをご確認ください。

◎ラボプロジェクト企画概要
リンク

◎協力研究機関・アドバイザーが追加決定
リンク


【プロジェクト対象者】
ICTとクリエイティブを活かした金融関連サービス創出を目指す方(起業家、新規事業担当)


【参加要件】
どなたでも参加可能です。特に以下のような方を歓迎いたします。
■エンジニアやクリエイターを有した、プロトタイプ開発ができるチームでの参加。
■デジタルハリウッド大学・大学院・スクールの在籍生・修了生。
(申込みのみで参加可能。応募人数により選考の可能性あり) 。
■すでに起業されている方や企業派遣チームでの参加。


【スケジュール】
2016年10月~ インキュベーション・プログラム開始
2016年2月   成果発表会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事