logo

PTC、拡張現実(AR)の開発で世界をリードするVuforiaのメジャーアップデートをリリース

PTCジャパン 2016年08月18日 10時00分
From PR TIMES

Vuforia 6では任意の製品にARを実現するVuMarkを導入、Microsoft HoloLensとWindows 10対応により企業におけるARを実現

【2016年8月18日】PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、数々の受賞歴を持つ拡張現実(AR)開発プラットフォームの新バージョンである「Vuforia(TM) 6」をリリースしたとの米PTCの発表を明らかにしました。Vuforia 6では6月にLiveWorxで公開したAR体験を実現するカスタマイズ可能なビジュアルコードで、任意の製品や対象物に配置可能なVuMark(TM) が導入されています。また、Vuforia 6はMicrosoft HoloLensとWindows 10タブレットに対応しており、企業で高まるARにおけるニーズに応えています。



[画像1: リンク ]


Vuforia 6では料金体制とライセンスの種類が更新されました。詳細はリンクにてご確認いただけます。また、Vuforia 6 はリンクから入手いただけます。

VuforiaはAR開発において、世界で最も幅広く利用されているプラットフォームです。主要スマートフォン、タブレット端末、スマートグラスに対応する3万を超えるVuforiaベースのアプリケーションがApp StoreやGoogle Playで公開されており、これらのアプリは2億7,500万回以上ダウンロードされています。また、Vuforiaは25万人以上の開発者が登録しているコミュニティをサポートしており、現在3万以上の開発プロジェクトが進行中です。

Vuforiaは、AR開発における複雑な課題にシンプルなソリューションを提供することにより、「ARの民主化」を推進します。開発者向けには、Vuforia Engineがカメラの視野に存在する特定な物体の3次元位置を精確に取得する高度なコンピュータビジョン技術を提供しています。この位置情報をもって、ARコンテンツを実際のモノに重ねて安定かつ高精度に表示することができます。

■新機能
VuMark
デカールを貼付したり、製造工程で自動的に印刷したりすることで、任意の製品や機械に貼付することができるかつカスタマイズ可能なビジュアルコードです。これにより、ユーザーに対して、組み立て、使用、修理、検査などの手順をAR体験として視覚的に示すことができます。

ほかのコードと異なって、VuMarkはデザイナーのことを考慮して開発されました。VuMark DesignerはAdobe Illustratorユーザーに対し、既存の図柄やロゴ等といったブランドアセットからVuMarkを作成するツールです。これにより、シリアル番号やURLなどあらゆる種類のデータをエンコーディングし、視覚的に魅力的なVuMarkが作成できます。

[画像2: リンク ]


Universal Windows Platform (UWP)対応
Microsoft Build 2016(リンク)で発表された通り、Vuforia EngineがUniversal Windows Platform (UWP)に対応したことで、Unityを利用する開発者は既存のVuforiaプロジェクトをHoloLensや、Surface Pro 4、Surface Book等のタブレットに対応させることが可能です。また、開発者はMicrosoft Visual Studioを使用し、タブレットで利用される既存のUWPアプリケーションにAR機能を加えることも可能です。Vuforia Engine on HoloLensは今秋予定の正式リリースまで試用版として提供しています。
[画像3: リンク ]


ABI Research社マネージングディレクター兼バイスプレジデントのダン・シェイ(Dan Shey)氏は「フィジカルとデジタルの世界をつなげ、同時にその移行をサポートするコンテンツやコンテンツ作成ツールがつながることは企業にとって重要な次のステップとなります。拡張現実(AR)体験が起動され、特定のモデル、リリースサイクル、アセットIDと合致する適切な体験が実現されることで業務の効率化とミスの低減につながります。VuMarkとVuforia Studio Enterpriseの統合により、PTCと同社の製品ポートフォリオがこの融合の中心となり、顧客による自社ブランドのマネジメントに寄与します」と述べています。

Vuforiaプレジデント兼ゼネラルマネージャのジェイ・ライト(Jay Wright)は「ARの民主化という我々のミッションにおいて、2つの大きなマイルストンを通過したところです。まず、VuMarkにより製品のメーカーやマーケティング担当者がどのような製品にでもAR体験を提供できるようになりました。また、Windows 10とHoloLensに対応したことで、高まるエンタープライズソリューションのニーズに対応する開発者にとって、新たなビジネスチャンスを生み出すことなります。開発者がARを始める非常にエキサイティングなタイミングだということです」と述べています。


<関連情報>
- Vuforia Developer Portal
リンク
- Vuforia Studio Enterprise
リンク

製品リリースに関する発表は、時期や、製品の特徴、機能などについては、PTCの裁量により変動する可能性があります。


【Vuforiaについて】
VuforiaはAR開発を民主化するソフトウェアプラットフォームです。Vuforiaは開発者、パブリッシャー、デバイスメーカーに対してARで最も困難な技術的課題であるコンピュータビジョン、コンテンツ作成、デバイスの多様化等に対応するソフトウェアやサービスを提供します。Vuforiaは世界で最も幅広く利用されているARプラットフォームで、App Store、Google Playで提供されているARアプリの80%でVuforiaが利用されています。Vuforiaは、進化のスピードが速いスマートフォン、タブレット端末、スマートグラス等の幅広い製品を通じて高度なAR体験を提供します。Vuforiaには開発者向けにUnity、Xcode、Android Studio、Microsoft Visual Studio等の主要ツールで利用できる使いやすいSDKも含まれています。詳細情報はリンクをご覧ください。

【PTCについて】
PTC(NASDAQ: PTC)は企業がモノのインターネット(IoT)の「モノ」の開発、運用、サービスを変革するテクノロジー プラットフォームやソリューションをグローバルに提供する企業です。PTCの次世代ThingWorx(R)テクノロジー プラットフォームは、スマート コネクティッド プロダクツやシステムが生み出す膨大な量のデータを記録、分析、活用するためのツールを開発者に提供します。PTCの実証済みソリューションは製品またはサービスの優位性を生み出すべく世界26,000社以上で導入されています。業界のソートリーダーとして認知され、さまざまな受賞歴を有するPTCのCEOはIoTがビジネスにもたらす影響に関する明確な指針をHarvard Business Review誌に共著しています。Harvard Business Review誌の記事:リンク

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のWindchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のIntegrity、技術情報の作成・管理・提供を合理化するダイナミック パブリッシング システムの Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のServigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行えるMathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、拡張現実(AR)プラットフォームのVuforiaといった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:リンク

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: リンク
Twitter: リンクリンク
YouTube: リンク
LinkedIn: リンク
Facebook: リンクリンク

* PTCの社名、ロゴマーク、VuMark、VuforiaおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事