logo

アナログ・デバイセズ、レーダーからスマートフォン・テスターまで 多様な電子機器を高精度化、小型化する新しいD/AコンバータAD9164を発表

アナログ・デバイセズ株式会社 2016年08月15日 13時56分
From Digital PR Platform


このプレスリリースは、2016年8月8日(現地時間)に米国で発表されたプレスリリースを翻訳したものです。原文は、以下のURLでご覧になれます。
リンク

アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は本日、防衛用/商用レーダーに高分解能レーダー画像を提供し、部品点数を削減することができる新しいD/AコンバータAD9164を発表しました。スマートフォン・テスターなど各種高精度計測機器の開発においても、テストの精度やスピードを向上させ開発期間を短縮できるとともに、テスター設計の簡素化や小型化に大きく貢献します。さらに、同コンバータは6 GHz帯までの音声周波数をカバーすることから、ユニバーサル・ワイヤレス・テスト・プラットフォームの実現に向け、テスター市場をさらに前進させるものです。

AD9164 D/Aコンバータは以下のような特性を備えています。
・定評あるADIのD/Aコンバータ製品の中でも最高の直線性を提供
・スペクトル純度を100~1,000倍向上(20~30 dB向上、前世代自社製品比)
・周波数変更に要する時間を1/100に短縮(自社 従来の位相同期ループ(PLL)システム比)

部品点数削減とこれに伴う小型化により、デジタル・ビーム・フォーミングを使った高度なレーダー・ソリューションを実現します。 AD9164 D/Aコンバータは既存のAD9162同等の性能仕様に加え、フェーズ・コヒーレントの高速周波数ホッピングを可能にするダイレクト・デジタル・シンセサイザ(DDS)をチップ上に搭載したことで、最大32の異なる周波数帯間でのホッピングを300 ns未満で実行します。 これにより、AD9164 D/Aコンバータは、AM放送帯域や日本のFM帯域から、5.8 GHz UNII帯域に至るまで、あらゆる帯域に対応するテスト機器に最適なコンバータとなっています。

AD9164コンバータには、2xのインターポレータ(FIR85)が搭載されており、データ・レートやコンバータ・クロッキングが低い場合でも、システム全体の消費電力を削減し、必要なフィルタリングを構成できます。 ミックス動作モードでは、比類のないダイナミック・レンジを維持しつつ、第2および第3ナイキスト・ゾーンのRF搬送波を最大7.5 GHzまで再生成できるようRF D/Aコンバータを構成できます。

AD9164の発表に併せ、新たにリモートで利用できる評価ツールの提供を開始しました。AD9164コンバータの性能を、バーチャル・ツール上で試すことで確かめられるようになっています。本リモート評価ツールは リンク からご利用いただけます。


製品仕様
製品:AD9164
DDS周波数ホッピング:

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。