logo

調査隊が検証!エアコン「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」では、どちらが安い?

ダイキン工業株式会社 2016年08月12日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年8月12日

ダイキン工業株式会社

8月の猛暑日・大阪の築10年・南向きマンション2部屋のエアコンでの検証結果
日中30分の外出ならエアコンは切るより「つけっぱなし」がお得でした!
時間に関係なくいつでも「つけっぱなし」にするのは逆効果

ダイキン工業株式会社は、空気のプロとして空気にまつわる課題や悩みごと、素朴な疑問を検証する 『ダイキン 空気のお悩み調査隊』の活動を2011年6月より継続しています。
今回は、昨今話題となっている「エアコンをつけっぱなしにするのとこまめに入り切りするのでは、どちらが安くなるの?」をテーマに検証を行いました。
夏場のエアコン利用に関する生活者アンケートを行ったところ、約7割の人が「つけっぱなしの方が電気代が安い」と考えていることがわかりました。しかし、実際に外出時にエアコンのつけっぱなしを実践している人は約5割にとどまり、本当につけっぱなしの方が安いのか疑問を持っている人が多いようです。そこで、調査隊が大阪市内のほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って実際にエアコンを「つけっぱなし」、「こまめに入り切り」で運転し、検証した結果をまとめましたので、下記のレポートをご覧ください。

【概 要】
1.実証実験の概要
<テーマ>エアコンをつけっぱなしにするのとこまめに入り切りするのでは、どちらの電気代が安くなるの?
(1)「つけっぱなし」の方が消費電力が小さくなる時間帯を探る!
9:00から23:00まで「つけっぱなし」にしたエアコンと、30分間隔でON/OFFを繰り返したエアコンの消費電力量を比較し、「つけっぱなし」の方が安くなる時間帯を調べました。
  
(2)1日の想定生活スケジュールで、「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」の消費電力量を比較する!
1日の生活スケジュールを想定して、9:00から23:00まで「つけっぱなし」にしたエアコンと、外出時に運転をOFFにしたエアコンの消費電力量を比較しました。

2.実証実験の結果
(1)日中9:00~18:00までの時間帯は、30分間であれば、エアコンを切らずに「つけっぱなし」にする方が電気代が安くなりました。

(2)想定した1日の生活スケジュールで「つけっぱなし」にして運転すると、外出時に運転をOFFにするよりも1日の消費電力の合計が大きくなりました。(1日の電気代差は約35円)

3.ダイキンからのアドバイス
多くの人がエアコンを「こまめに入り切り」するよりも「つけっぱなし」の方が安いと考えているようですが、実際は環境によって大きく左右されるため、どんなときでも当てはまるわけではありません。
今回の実験条件では、日中の気温が高い時間帯の30分程度の外出であれば、「つけっぱなし」の方が安いという結果となりました。また、エアコンを「つけっぱなし」にした部屋と「こまめに入り切り」した部屋の温度と湿度を比較したところ、「こまめに入り切り」した部屋の運転をOFFにした後の温度、湿度はともに高く、快適性に大きな差があることもわかりました。熱中症が気になるこの季節、今回の実験結果を参考に、電気代や快適性を考慮して日中の短時間の外出であればエアコンを「つけっぱなし」にしてみるなど、「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」を上手に使い分けましょう。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。