logo

Extell Development CompanyとSMI USAが「セントラルパーク・タワー」建築で合弁発表

Extell Development Company 2016年08月12日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

Extell Development CompanyとSMI USAが「セントラルパーク・タワー」建築で合弁発表

AsiaNet 65375(0989)

【ニューヨーク2016年8月12日PR Newswire=共同通信JBN】
*西半球で最も高い住居ビルを開発する提携

2000万平方フィートを上回るポートフォリオを持つ最高級不動産の開発企業であるExtell Development Companyと評価の高い上海タワーを担当した中国の代表的な社会インフラ投資企業Shanghai Municipal Investmentの米国子会社であるSMI USA (SMI)は12日、「セントラルパーク・タワー」を共同開発するための合弁事業の合意を発表した。同タワーは30億ドルかけてマンハッタン・ミッドタウンの「億万長者通り(Billionaire's Row)」に建設される超々高層住居・商業ビルである。

Photo - リンク

Extell Development Company創設者兼最高経営責任者(CEO)のゲーリー・バーネット氏は「SMIとの戦略的な提携によって、アイコン的存在のスカイスクレーパーを世界中で建設してきた業績を持つ国際的な業界リーダーの2社が一緒になる。SMIは上海で最も高いビルを開発しており、われわれ両社ともニューヨークで最も高いビルを共同で開発する提携関係に期待している」として次のように述べた。「当社は素晴らしい立地、眺望、設計、品質を持つセントラルパーク・タワーはニューヨークで建てられた住居ビルの中でも最も重要な住居ビルになると考えており、ExtellとSMIにとって大きな成功になることを期待している」 SMIの投資は優先権を持ち、同社は投資に対して同プロジェクトの期間を通して、年率20%から30%の収益を受け取ることを予定している。

SMI USA社長のトム・タオ氏は「堅実な高利回りをベースにしたニューヨーク市で最も高い住居ビルの開発に加われることを喜んでいる。当社は米国トップの開発企業の1社であるExtell との長期にわたる提携を楽しみにしている」と述べた。

1550フィート(472メートル)の高さを誇るセントラルパーク・タワーは完成のあかつきには西半球で最も高い住居ビルになり、360度のニューヨーク市以遠の眺望をも提供する空前のビルになる。世界で最も高いビルのドバイのブルジュ・ハリファ、将来世界で最も高いビルのサウジアラビアのキングダム・タワーなどを手掛けている著名建築事務所であるAdrian Smith + Gordon Gill Architectureがニューヨークから世界の超々高層タワーに仲間入りするセントラルパーク・タワーを設計した。このビルの建築としてのビジョンは統合的な建築デザイン、レイアウト、構造効率の原則に基づいており、マンハッタンのスカイラインの中でも強力なステートメントになる。セントラルパーク・タワーは225 West 57th Streetに立地され、2019年の完了をにらみ、今年末に販売が開始される。

また、セントラルパーク・タワーにはノードストローム百貨店がニューヨークで初めて全商品を品ぞろえする店を出店することになっている。シアトルを本拠に持つ有名ファッション専門小売店のNordstrom Inc.はExtellとの合意文書に署名、ニューヨークにおける待望のフラッグシップ店を出店する。同店はノードストロームにとっては2番目に大きい店になり、2019年のオープンが予定されている。

記録ずくめの高級コンドミニアムとして世界的に知られた「ワン57」を含め、幅広いポートフォリオを持つExtellはニューヨークのトップ不動産開発企業の1社としての地位を固めてきた。

多方面にわたるSMIの経験は最近の世界2番目の高さを誇るビルの完成や高さ2000フィート(約609メートル)の限界を破った2番目のビル、上海タワーによってさらに良く知られることになった。SMIはこれまでに、上海外灘(バンド)の総合的な再建から上海揚子江トンネルにいたるまで80のメガプロジェクトを成功裡に完成させている。

ソース:Extell Development Company

▽問い合わせ先
M18 PR, Anna LaPorte:
+1 212-604-0318;
anna@m18pr.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事