logo

WCAとIeSFが上海でeスポーツ経営者サミットを共催

World Cyber Arena 2016年08月12日 16時26分
From 共同通信PRワイヤー

WCAとIeSFが上海でeスポーツ経営者サミットを共催

AsiaNet 65370(0986)

【北京2016年8月11日PR Newswire=共同通信JBN】World Cyber Arena(WCA)とInternational e-Sports Federation(IeSF、国際eスポーツ連盟)が上海で共催したグローバルeスポーツ経営者サミット(The Global e-Sports Executive Summit)は、eスポーツ産業全体に重要な歴史的影響を与えた。このサミットでは重要な一連の事案について画期的展開があり、コンセンサスが得られた。サミットは、中国のWCAに代表されるeスポーツが世界と直結する絶好の機会になった。

中国で開かれた会議にはIeSF加盟国・地域から47のメンバーの代表が初めて参加し、またeスポーツ機構から多くの幹部が招かれた。同サミットは全eスポーツ産業を再形成すると受け止められている。

主催者のWCAは、異なる国々や地域、異なる機構と緊密なコミュニケーションを持っている。WCAのシュー・シュエフェン社長は米国、オーストラリア、ドイツ、デンマーク、ロシア、ブラジル、イラン、南アフリカのeスポーツ産業幹部と会談した。このサミットでシュー社長は、これらのゲストとeスポーツの将来的協力についてコンセンサスに達した。この動きは、WCAのグローバル化促進への信念と能力を示すと共に、世界的に広範囲なコラボレーションと提携関係の構築を計画していることを表している。

WCAとIeSF共催のグローバルeスポーツ経営者サミットは、すでに中国のeスポーツ発展に重要なリンクになっている。WCAはさまざまな国、地域のeスポーツ組織と緊密なコミュニケーションと接触を持っており、世界の舞台でWCAの宣伝を行うだけでなく、影響力を強化しブランド名への認識を強化している。eスポーツは最も成功している産業の1つであり、サミットは中国のeスポーツ産業が他の諸国と接触しコラボレーションを深めるチャンスを提供した。これはeスポーツの多様性と世界的拡大を維持するうえで極めて重要な動きである。サミットは中国のeスポーツがさらに世界の舞台に進出するための恩恵と健全な環境を提供した。

WCAは持続可能で継続性のある発展のため、世界的リソースの優位性を十二分に利用すると共に、集約的に大規模な世界的協力体制をとれるよう異なる国々、地域のパートナーを結束させていく。この過程の中でWCAと中国のeスポーツの影響力は世界的に急速に大きく上昇するだろう。

Photo - リンク
(キャプション:WCAとIeSF共催のグローバルeスポーツ経営者サミットの代表団)

ソース:World Cyber Arena


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事