logo

中国のインバウンド観光が増える中、Varitripが中国初のツアー&アクティビティーGDSをリリース

Varitrip Co. Ltd. 2016年08月10日 15時33分
From 共同通信PRワイヤー

中国のインバウンド観光が増える中、Varitripが中国初のツアー&アクティビティーGDSをリリース

AsiaNet 65346(0980)

【北京2016年8月10日PR Newswire=共同通信JBN】北京に本社を置き、インバウンドツアー&アクティビティーとツアーパッケージの旅行代理店への提供で10年の経験がある旅行技術会社のVaritripは、旅行業界のオンデマンドおよびライブ予約のオペレーションとニーズに応えるため、中国初のツアー&アクティビティーの世界販売システム(GDS)をリリースした。GDSは直前の販売に最適化された24時間年中無休のサービスと商品を提供する。

中国人旅行者の海外の旅行先への流出にもかかわらず、中国のインバウンド観光の市場と技術においては著しい成長がある。最近のメディアの報道のおかげで、中国国家観光局は、2016年には1億3700万人以上の訪問客が中国に来ると予測している。外国からの到着者数では2015年に比べ9.0%の増加である。インバウンド観光の支出額は6.5%増加し、1210億米ドルに達すると推定されている。中国の大手OTAのCtripによると、2016年第1四半期だけで外国人訪問客が10.9%増加したと報告されている。

Varitripのディラン・チャン最高経営責任者(CEO)は、同社は今年、売り上げの伸び率が2桁になったと語った。中国は、ここ数年の同国の目覚しい成長と開放を受け、旅行先としてますます推奨されている。中国のビザは取得しやすくなり、元の価値は下がっており、中国は旅行者にとって安全である。同氏は、Varitripが扱っているレジャーやビジネスの旅行者の大半は、人が中国を訪問しているときに期待するようになる独自の文化的、歴史的な体験を求めている、と語った。

旅行者層がシフトするにつれ、同業界は新たな需要のために最適化されたより多くの供給が必要である。中国は外国語標識の改善、人気施設の維持管理、トイレの修理、レストランケータリングとツアーセレクションの強化によってインバウンド観光客の増加に対応する能力を向上させ続けており、多くの人たちはこのシフトが新たな成長点になると期待している。ディラン氏は「伝統的なオペレーターは新たな需要について行くことができなかった。Varitripの技術は新たな需要の高まりに応えるため、販売のパートナーやオペレーター、全ての可能な資源とつながり、統合される」と語った。

Varitripの製品は、GDSプラットフォームを通じて旅行代理店の新たなニーズを満たすように設計されており、高額商品に関心があるパートナー(エアライン、クルーズ、ロッジング)にとってチャンスを可能にする。

これらの商品と高額商品には、他のプロバイダーを通しては容易に手に入らなかった万里の長城でのピクニックのような独自の文化的な体験が含まれている。

ソース:Varitrip Co. Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。