logo

AKB48メンバーと千葉大学教育学部の藤川教授の共著、『実践! スマホ修行』が8月30日発売

国立大学法人千葉大学 2016年08月10日 10時58分
From PR TIMES

~中高生のスマホ利用や情報モラルを考える本~

千葉大学教育学部藤川大祐教授が、AKB48の岩立 沙穂さん・岡田 彩花さん・村山 彩希さん・ 飯野 雅さん・大川 莉央さん、込山 榛香さんとともに執筆した、中学生や高校生のスマホ利用を考える新著『実践!スマホ修行』が8月30日に発売開始します。




『実践! スマホ修行』について

【出版の背景】
2013年頃から中高生にスマートフォンが急速に普及し、藤川教授が「平成25年問題」と呼んでいる「ネットの長時間利用」「ネットいじめの深刻化」「犯罪被害の増加」といった問題が起きています。この状況に対してさまざまな対策が進んでいますが、中高生のネット利用は拡大する一方で、「スマホ利用禁止」「フィルタリングの普及」等の制限策だけでは問題は解決しないように思われます。この状況に対しては、ネットを積極的に利用している人たちを中心に、当事者である中高生が大人も巻き込んで議論していくことが重要だと考え、学校において、情報モラル教育のテキストとして活用できる本を出版しました。

【概要】
本書は全8章。各章ごとに藤川による講義、AKBメンバーとの討論、藤川による振り返りの3パートで構成されています。メンバーが前半に3名、後半に3名登場し、それぞれ3人のメンバーと藤川教授での座談会形式で4つのテーマについて議論をしています


[画像1: リンク ]

(前半)岩立沙穂さん、岡田彩花さん、村山彩希さんが登場
第1章 Stop!炎上路線 ~ネット発信のトラブルを防ぐ~
第2章 いじめ脱出ゲーム ~人間関係で悩まないために~
第3章 毒リンゴを食べないで ~出会い系犯罪の恐怖~
第4章 君と僕の危険な関係 ~スマホ時代の恋愛事情~

(後半)飯野雅さん、大川莉央さん、込山榛香さんが登場
第5章 君のスマホのプライバシー ~情報社会のセキュリティ~
第6章 ネット依存の傾向と対策 ~青春を無駄にするな~
第7章 課金で損しちゃった!? ~お金で騙されないために~
第8章 著作権や肖像権のキャパシティ ~エンタメ産業の未来のために~


【発売日】 2016年8月30日予定

【Amazonで予約受付中】
リンク で「スマホ修行」と検索


AKB48に参加していただいた理由(藤川教授)

 数年前から、こうした内容の書籍を、AKB48のメンバーとともに作りたいと考えていました。というのは、メンバーたちは日頃から公私両方においてSNS等のネットサービスを積極的に利用していて、ネット上の発信で誤解を受けそうになったり、ネット上に発信した自分の発言や写真がファンなどに使われるのを見ていたり、メンバーどうしでネットでコミュニケーションをとっていたりと、日頃からネットを活用し、そのことを劇場公演のMC(トーク)で語ったりしています。メンバーたちの発信は基本的に事前にマネージャー等がチェックすることはなく、自分たちで日々考えながら発信しているので、ネットでの経験値は非常に高いと言えます。

 また、スマホ時代の友人関係や恋愛関係についても、メンバーに語ってもらいたいと考えていました。彼女たちは「恋愛禁止」の中で活動していますが同世代の人間関係について語る言葉を豊富にもっています。「恋人同士でずっとネットでのやりとりをして時間を使うことについてどう思いますか?」とか「寂しくて援助交際に走ろうとしている女子高校生がいたら何と言ってあげますか?」といった質問に対して、親身になって自分の言葉で語ってくれるのではないか。彼女たちはエンタテインメントビジネスの中にいるわけですから、ネット時代の著作権や肖像権についても自分の言葉で語ることができるのではないか。今回の6人は青少年のスマホ利用について語る言葉を豊富にもっていそうですし、少し年齢差のある同期メンバーで語り合ってもらい、経験や意見の違いを活かしたリラックスした雰囲気の中で、活発な議論が行われることが期待できました。


藤川 大祐(千葉大学教育学部教授)


[画像2: リンク ]

1965年東京生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学(教育学修士)。千葉大学教育学部教授(教育方法学・授業実践開発)兼・副学部長。メディアリテラシー、ディベート、環境、数学、アーティストとの連携授業、企業との連携授業等、さまざまな分野の新しい授業づくりに取り組む。学級経営やいじめに関しても研究。

この本は、「授業づくりエンタテインメント!」シリーズ第2弾として作られました。第1弾である『授業づくりエンタテインメント!』は、ゲーム、アイドル、お笑い等のエンタテインメントを手がかりに授業づくりの研究を楽しく読めるものとしてまとめたものです。『授業づくりエンタテインメント!』では、今回もご登場いただいた村山彩希さんが表紙とミニ対談で登場してくださり、評論家の宇野常寛さんも対談で登場してくださいました。エンタテインメントの力を教育に活かすことは、私のライフワークと思っています。今後も、「授業づくりエンタテインメント!」シリーズとして、エンタテインメントを取り入れた授業づくり関連企画を進めていきたいと思っています。


本件に関するお問い合わせ

千葉大学教育学部 藤川大祐
メール:daisuke.fujikawa@chiba-u.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。