logo

米澤穂信<古典部>シリーズ、待望の最新作!三島賞受賞の新鋭・今村夏子、本誌初登場!『文芸カドカワ』9月号、8月10日(水)配信!

小説は、魂のメシである。いまだかつて、世界のどこにもない、王道のエンタテインメント小説誌!!

株式会社KADOKAWAがお送りするエンタメ小説誌『文芸カドカワ』(電子書籍雑誌)9月号(No.21)を8月10日(水)より配信いたします。
今月のおすすめ連載は・・・ 1.直木賞ノミネート作家米澤穂信<古典部>シリーズ新作掲載!! 2.芥川賞ノミネート作家今村夏子の新作掲載!! 3.うつ脱出コミック「うつヌケ」は人気脚本家一色伸幸が登場!! 話題作が盛りだくさんです!お楽しみに!!



[画像1: リンク ]


今月のおすすめ連載!
1.夏の夜、奉太郎にひとつの謎が持ち込まれた――
<古典部>シリーズ新作! 米澤穂信「箱の中の欠落」
2.「こちらあみ子」で読書界に衝撃を呼んだ新鋭が登場!
今村夏子「父と私の桜尾通り商店街」
3.人気脚本家・一色伸幸登場!
田中圭一「うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~」


大人気作品、企画などもお見逃し無く!
★人気ホラー作家の別宅で起こった殺人事件。火村の捜査は!?
有栖川有栖「狩人の悪夢」
★スタープレイヤーだが反則常習の噂があるチームメイトに、リョウは?
はらだみずき「名もなき風たち サッカーボーイズU17」
★少女マンガの聖典「綿の国星」を2回にわたって解析。
二村ヒトシ「AV監督にとって少女マンガとは何か」
★禁断の江戸川乱歩トリビュート連作。大好きだった夫はなぜ、変わってしまったのか?
歌野晶午「人でなしの恋からはじまる物語」
ほか


【今月の執筆陣】
赤川次郎/浅生鴨/有栖川有栖/五十嵐貴久/今村夏子/歌野晶午/佐藤亜紀/鈴木光司/田中圭一/でんすけのかいぬし/二村ヒトシ/はらだみずき/細田守&浅井蓮次/夢枕獏/米澤穂信


<今月号のイチオシラインナップ>
「箱の中の欠落」 著:米澤穂信(読み切り)
[画像2: リンク ]



「父と私の桜尾通り商店街」 著:今村夏子(読み切り)
[画像3: リンク ]


「狩人の悪夢」 著:有栖川有栖(連載)
[画像4: リンク ]


「AV監督にとって少女マンガとは何か」 著:二村ヒトシ(読み物・不定期連載)
[画像5: リンク ]



「うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~」 著:田中圭一(コミック・連載)
[画像6: リンク ]


■『文芸カドカワ』とは
株式会社KADOKAWAが2014年12月に創刊した大人のエンタテインメント小説誌。
「BOOK☆WALKER」ほか各電子書店にて発売中です。最新号は毎月10日配信予定。
価格:450円+税(希望小売価格)
公式HP:リンク (スマホ対応)
公式ツイッター:@bun_kado




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。