logo

日本のデザイナーズを牽引する「KOHSHIN SATOH」が越境ECをオープン 巨匠・マイルスも愛したブランド、設立41年目の新たな挑戦

株式会社Drop 2016年08月09日 15時01分
From PR TIMES

マイルス・デイヴィスやアンディ・ウォーホールも愛した世界的ブランドがオンラインストアをオープン

株式会社アーストンボラージュは、この度アパレルブランド「KOHSHIN SATOH」の世界約100カ国への販売が可能な公式オンラインストアを正式リリース致しました。



デザイナー佐藤孝信が手がけるアパレルブランド『KOHSHIN SATOH(コーシンサトー)』を運営する株式会社アーストンボラージュ(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤孝信)が、公式オンラインストアとして 越境EC(リンク)をオープンさせました。同オンラインストアは世界約100ヶ国への販売・配送へ対応しており、言語も日本語・英語の2言語で展開しております。

[画像1: リンク ]


同ECは、ファッション領域に特化したITサービスを提供する株式会社Drop(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岩本 遼)との協業によりスタート致しました。同社は、日本国内の約160ものデザイナーズブランドが参加したグローバルファッションEC『KIEI Tokyo』の運営経験を生かし、システムの構築やサイトデザインのような制作面のほか、SEOや広告運用、SNS運用などを含むウェブマーケティング面についてもそのノウハウを提供して参ります。

[画像2: リンク ]



◼︎ KOHSHIN SATOHのアーストンボラージュの軌跡

アーストンボラージュ代表兼デザイナーの佐藤孝信は、1975年に同社を設立致しました。それまでの概念やモード界の常識を打ち破るような自由奔放で新鮮なデザインによって注目を集め、1983年に東京コレクションへ参加すると、たちまち脚光を浴び、その後のメンズ・デザイナーズ・ブランドブームを引き起こします。日本のメンズ・デザイナーの第一人者としての海外での評価も高く、同ブランドの服はジャズ・トランペッターのMiles Davis(マイルス・デイヴィス)やポップアートで名高いAndy Warhol(アンディ・ウォーホール)といった世界的スーパースターたちにも愛用されてきました。1986年からはパリ・ニューヨークの二大コレクションにも参加し、名実ともに世界的デザイナーとしてその地位を不動のものとします。


◼︎ 設立40周年を迎えたブランドの新たな挑戦

パリを拠点に活動してきた同ブランドですが、2015年には設立40周年を迎え10年ぶりに東京コレクションでショーを開催致しました。日本発のブランドとして、今なおワールドワイドな舞台で常に新しいものを生み出し続けるKOHSHIN SATOHが、2016年新たな挑戦としてウェブ領域に進出します。世界中にファンを抱える同ブランドにとって、今回の取り組みはファンの皆さまたちとの距離を近くし、新たな切り口での衣服製作に取り組むことが可能になります。デザイナーズファッション界の間でもますます注目される機会の増えてきた越境ECのパイオニアとして、今後はDropと協業してネットを起点とした新たな仕掛け作りにも取り組んで参ります。

ブランド「KOHSHIN SATOH」の世界観をどうぞ、ウェブの中で体感してみてください。

[画像3: リンク ]


======
KOHSHIN SATOH 公式通販
リンク

【株式会社 アーストンボラージュ】
設立:1975年
代表者:佐藤孝信
事業内容:アパレルブランド「KOHSHIN SATOH」の企画運営
リンク

【株式会社Drop】
設立:2013年
代表者:岩本 遼
事業内容:BEHIND THE GARMENTSの企画開発運営、システム受託開発事業、サービス運営代行事業、コンサルティング事業
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Drop サービス運営代行事業
メールアドレス:info@drop-inc.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事