logo

映画『ボクは坊さん。』の独占先行配信を「プレミアムGYAO!」にて開始

株式会社GyaO 2016年08月08日 15時00分 [ 株式会社GyaOのプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが贈るお坊さんエンターテインメント

 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」は、月額見放題プラン「プレミアムGYAO!」利用者向けに、本日より『ボクは坊さん。』を定額課金制映像サービスで初解禁し、独占先行配信いたします。



[画像: リンク ]


 本作は、四国八十八箇所零場・栄福寺の住職である白川密成氏が約7年間にわたり「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載し、2010年に書籍化された人気エッセイを元に、『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフによって制作され、2015年10月に劇場公開されました。住職だった祖父の死をきっかけに書店員の仕事を辞め、自らも24歳で住職になった白方光円が、様々な経験を積むことで成長していく姿を描いています。

=========================
配信概要
■配信作品:「ボクは坊さん。」
■配信URL:リンク
■配信期間:2016年8月8日(月)~2016年10月7日(金)
■視聴方法:月額見放題プラン「プレミアムGYAO!」にお申し込みいただき、Yahoo! JAPAN IDでログインするとご視聴いただけます。

作品概要
実在の住職・白川密成氏が実体験をつづり、ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載されたエッセイを映画化。祖父の死をきっかけに、24歳で実家である 四国八十八ヶ所霊場第57番札所の栄福寺住職を務めることになった青年の奮闘を描く。脚本を、『つみきのいえ』などの平田研也が担当。試行錯誤しながら 日々精進していく、僧侶の道を歩み始めたばかりの主人公を、『チーム・バチスタ』シリーズなどの伊藤淳史が熱演する。

■ストーリー
祖父が他界したのをきっかけにそれまでの勤め先を辞め、四国八十八ヶ所霊場第57番札所の栄福寺住職となった白方光円(伊藤淳史)。24歳で足を踏み入れた坊さん生活には、初めて見る坊さん専用グッズや檀家の人たちとの関係など、知られざる驚がくの世界が広がっていた。さまざまな経験を積む中、自分にどのようなことができるのかを日々考えながら過ごしていく。

■キャスト
伊藤淳史
山本美月
溝端淳平
渡辺大知
遠藤雄弥

■スタッフ
監督    真壁幸紀
原作    白川密成
脚本   平田研也
製作統括 加太孝明、志賀司

▼「プレミアムGYAO!」概要
映像配信サービス「GYAO!」の定額見放題プランです。本プラン向けに特選されたコンテンツ(映画、ドラマ、アニメ、ライブ映像など)が見放題となるほか、「GYAO!」の無料映像をCMなし(※一部対象外コンテンツあり)でお楽しみいただけます。
 ・申し込みページURL:リンク
 ・利用料金:月額800円(税抜き・初月無料)
 ※Yahoo!プレミアム会員は月額500円(税抜き・初月含む3ヶ月無料)でご利用いただけます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。