logo

銀聯国際(UnionPay International):ブラジルで知っておきたい3つのヒント

銀聯国際(UnionPay International) 2016年08月08日 13時30分
From 共同通信PRワイヤー

銀聯国際(UnionPay International):ブラジルで知っておきたい3つのヒント

AsiaNet 65326 (0967)

【上海(中国)2016年8月5日新華社=共同通信JBN】ブラジルに旅立つなら、便利で特典サービスを享受できるUnionPay(銀聯)カード(ナンバーが62から始まる)の持参をお忘れなく。ブラジルでは現在、業者の60%、ATM3万台がUnionPay(銀聯)カードを受け入れており、多くの業者が限定的なUnionPay(銀聯)カード特典を提供している。

▽ヒントその1:現金引き出しは空港かショッピングモールで

イタウ・ウニバンコとシティバンクのATMでは、UnionPay(銀聯)カードで現金を引き出し、残高照会ができる。イタウ・ウニバンコは国内最大の商業銀行で、ブラジル全土に約3万台のATMを配置している。同行の手数料は取引1回あたり6レアル(約200円)と一番安い。

コパカバーナ、イパネマ、バーハのビーチ地区にはイタウ・ウニバンコのATMが20台以上あり、各ATMは1回の現金引き出しに通常750レアル(約2万4000円)の上限を設定している。

現金引き出しは空港かショッピングモールで行うよう推奨する。イタウ・ウニバンコのATMはリオデジャネイロ国際空港、ショッピング・ボタフォゴ、レブロン・モール、バーハ・ショッピングにある。

▽ヒントその2:Churrascoのショップ、宝石店はUnionPay(銀聯)カードを受容

ブラジルでは、UnionPay(銀聯)カードを受け入れる業者が大半の地元レストラン、サンパウロ、リオ、イグアス、マナウス、ブラジリアにあるH.stern、Amsterdam Sauerの宝石店10店以上、およびHavaianas、Melissaのブランドストアもカバーしている。UnionPay(銀聯)カードを使って、シュガーローフ・マウンテンパークの入場券を買うこともできる。

より安全で便利なUnionPay(銀聯)チップカードを推奨する。地元キャッシャーがデビットカード、クレジットカードのどちらを使うか尋ねるので、どのようなカードでも「クレジット」と答えてほしい。

▽ヒントその3:多くの業者がUnionPay(銀聯)限定の特典を提供

UnionPay(銀聯)カードで支払うことによって、リオのH.stern、Amsterdam Sauer、MorenoでリオスタイルのTシャツを手に入れ、Restaurant ChonKouとRestaurant Chinese Palaceでは10%のディスカウントサービスを受けることが可能である。

限定的なUnionPay(銀聯)カードの特典は、シャルル・ド・ゴール空港とオルリー空港のBuY PARIS DUTY FREE、ジョン・F・ケネディ国際空港のDFS、米国内主要空港5カ所のInternational Shoppes and Dufryなど乗り継ぎ空港の多くの免税店でも提供されている。

UnionPay(銀聯)カードはブラジルのほか、メキシコ、アルゼンチン、ペルー、バハマ、スリナム、キューバなど中南米11カ国でも便利に利用できる。UnionPay(銀聯)カードは、観光客に人気がある景勝地、モール、免税店、レストランをカバーする主要な都市および観光地で受容されている。キューバではほとんどの業者とATM、メキシコではATMの80%以上、業者10万人がUnionPay(銀聯)カードを受け入れている。

詳しい情報はリンク を参照。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。